中学生・高校生が朝読書で読んでいる人気の本はこれだ!【平成27年度版】

勉強

中学生・高校生が朝読書で読んでいる人気の本はこれだ!【平成27年度版】

中学生や高校生のみんなは、朝読書にどんな本を読んでいるの?みんなに人気の本はなに?(株)トーハンが、小学校、中学校、高等学校を対象に、朝読書で人気の本を調査しました。(調査期間は、平成27年4月から平成28年3月)

ラノベやボカロノベライズが人気

ランキングでまず目につくのが、ライトノベルの多さ。ボカロ曲からのノベライズ作品も近年、増えている傾向にあります。

中学校では、2位『カゲロウデイズ』、4位『ソードアートオンライン』、『デュラララ!!』、『王様ゲーム』

高校でも、上記の作品のほかに『ノーゲーム・ノーライフ』、『とある魔術の禁書目録』、『魔法科高校の劣等生』、『キノの旅』(いずれも中学校ではランク外)などが朝読書で人気でした。

川原磔さん『ソードアートオンライン』は中学校で4位、高校で2位という人気ぶり。オンライン小説からの書籍化です。

ランキングだけを見ると、中学校よりも高校の方がラノベ率が高いようです。『キノの旅』や『カゲロウデイズ』は小学校高学年にも人気の本なので、高校生の朝読書というのが意外だけど。

中学校では朝読書に読む本にライトノベルはダメ!などの制約がある学校も多いので、高校では自由に好きな本を読める結果ととらえられるかな。

映画化や話題作・ベストセラーは安定の人気

中学・高校どちらも映画化された作品や話題本などが共通して上位にランクイン。

本屋大賞を受賞した上橋菜穂子さん『鹿の王』は、中学校で9位、高校では4位といずれも上位にランクイン。有川浩さん『図書館戦争シリーズ』、西尾維新さん『物語シリーズ』など映画化された作品も共通してランクインしています。

高校生は、受賞作品などの話題作のランクインが目立ちます。

又吉直樹さんの芥川賞受賞作『火花』や直木賞を受賞した西加奈子さんの『サラバ!』など。映画化され話題となった「ビリギャル」の原作『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』が4位、いじめ問題をテーマに同じく映画化され話題となった『ソロモンの偽証』(こちらは文庫本にして全6巻と超大作にも関わらず12位にランクイン)など、高校生らしい読書にも注目です。

中学校では『アオハライド』(12位)、『君に届け』(14位)と映画化作品のノベライズも人気。映画ノベライズは、文章がラノベに近く、普段あまり本を読まない人にも読みやすいのが人気の理由。こうした作品は意外と男子も読みます。

また、統計上シリーズの多い作品ほど上位にランクインしやすいというのもありますけどね。

人気の作家は有川浩

作家別では、一番ランキングの多かったのは有川浩さん。

中学校では『図書館戦争シリーズ』(11位)だけのランクインだったが、高校では23作品中5作品がランクインしている。

『レインツリーの国』(7位)、『クジラの彼』(8位)、『キャロリング』(9位)、『図書館戦争シリーズ』(19位)、『空飛ぶ広報室』(21位)。

このうち、『レインツリーの国』『図書館戦争シリーズ』は映画化、『空飛ぶ広報室』はドラマ化され、メディア化されている作品の人気がここでもうかがえます。

ランキングは以下の通りです。「*」は当サイトのレビューページへのリンクです。

【中学生】朝読書(学校)で読まれた本ベスト22

 1位『空想科学読本』柳田理科雄

小学校高学年からは、特に男子に安定の人気シリーズ。小学校中学年くらいから物語よりもこうしたリアル理系ものに移行していく子が増えてきます。一見、超現実的でいて、想像力とユーモアが満載。漫画の世界を裁判にしたらどうなるか?という視点で書かれた「空想科学裁判」もあります。

2位『カゲロウデイズ』じん

ニコニコ動画の人気クリエイター・じん(自然の敵P)さんによる、ボカロ曲の世界観を描いたノベライズ。特別な能力を持ったキャラクターたちが事件を解決していくストーリー。

3位『ハリー・ポッター』J・K・ローリング

世界中で70以上の言語に翻訳され、史上最も売れたシリーズ!映画も大人気の原作本です。

4『ソードアート・オンライン』川原磔

4『デュラララ!!』成田良悟

4『王様ゲーム』金沢伸明

7『キノの旅 the Beautiful World』時雨沢恵一

8『永遠の0』百田尚樹

9『鹿の王』上橋菜穂子

10『物語シリーズ』西尾維新

11『図書館戦争シリーズ』有川浩

12『アオハライド』阿部暁子

13『本の怪談シリーズ』緑川聖司

14『君に届け』下川香苗

15『浜村渚の計算ノート』青柳碧人

16『きみの友だち』重松清 本をチェックする

17『春日坂高校漫画研究部』あずまの章

18『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延

19『探偵チームKZ事件ノートシリーズ』

20『ホームレス中学生』田村裕

21『クラスメイツ』森絵都 本をチェックする

22『「ぼくら」シリーズ』宗田理

【高校】朝読書(学校)で読まれた本ベスト23

 1『物語シリーズ』西尾維新

アニメ化された人気シリーズ。昨年度は映画化もされさらに人気になりました。小説は文字が細かく二段構成。にも関わらず、よく読まれている人気シリーズ。

 2『火花』又吉直樹

人気芸人の文学小説として話題となり、第153回芥川賞受賞作品としても有名になりましたね。純文学というジャンルで少し難解な印象もありますが、「どんな作品だろう」と手に取った10代も多かったようです。純文学にふれるいいきっかけを作ってくれた又吉さん。

 2『ソードアート・オンライン』川原磔

電撃ゲーム小説用に書かれたものをオンライン小説として発表、そして書籍化された作品。「このライトノベルがすごい!」2012年、2013年と連続して1位を獲得するなど、次々と新作が発表されるライトノベル界で初の二冠を達成する話題作。アニメ・映画化もされ、まだまだ人気は続きそう。

4位以下

4『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』坪田信貴

4『鹿の王』上橋菜穂子

4『サラバ!』西加奈子

7『レインツリーの国 World of delight』有川浩 本をチェックする

8『クジラの彼』有川浩

9『キャロリング』有川浩

10『ノーゲーム・ノーライフ』榎宮祐

11『ハリー・ポッター』J・K・ローリング

12『ソロモンの偽証』宮部みゆき

13『とある魔術の禁書目録』鎌池和馬

14『神様のカルテ』夏川草介

15『魔法科高校の劣等生』佐島勤

16『珈琲店ターレランの事件簿』岡崎琢磨

17『カゲロウデイズ』じん

18『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉 本をチェックする

19『図書館戦争シリーズ』有川浩

20『涙が出るほどいい話』

21『空飛ぶ広報室』有川浩

22『キノの旅 the Beautiful World』時雨沢恵一

23『ねじまき片想い』柚木麻子

参考:平成27年度『朝の読書』の人気本調査結果発表 | ニュースリリース | 株式会社トーハン

スポンサーリンク

フォローする