最新版!高校生が朝読書で読んでいる人気本ランキング20冊【平成29年度】

朝読書

株式会社トーハンが平成29(2017)年度『朝の読書』人気本調査の結果を発表しました。高校生には、映画原作や受賞作が人気でした。

この調査は、朝の読書推進協議会が全国の『朝の読書』実践校(小学校、中学校、高等学校)を対象に2007年からまとめています。(平成29年度の調査期間は平成29年4月から平成30年3月まで)

高校生の朝読書で人気の本20冊を紹介します。

スポンサーリンク

1位:住野よる『君の膵臓をたべたい』

中学生の朝読書の人気本で第2位にランクイン。昨年のランキングには登場しなかったのですが、2016年本屋大賞第2位受賞!2017年の映画化と話題が続いた作品です。心をつかまれるタイトルと意外な展開に思わず涙する青春小説。今年はアニメ化も予定されています。

2位:住野よる『か「」く「」し「」ご「」と「』

デビュー作『君の膵臓がたべたい』が話題となり、中高生に人気となった作家・住野よるさんの新作。5人の高校生が繰り広げる青春ストーリー。

3位:住野よる『また、同じ夢を見ていた』

住野よるさんの3作品が高校生に人気の朝読書本ベスト3を独占しました。こちらは住野よるさんの第2作。「幸せとはなにか?」生きづらさを抱えた人の心に響く作品です。

4位:有川浩『植物図鑑』

高畑充希×岩田典剛主演で映画もされた話題の原作。昨年度は、高校生の人気ランキングで第2位!中学生でも第11位にランクインしました。有川浩さんの小説は中高生に人気です。ほかにも「図書館戦争」シリーズ(中学生第4位)や「レインツリーの国」(平成27年度高校生第7位)もおすすめ。

5位:「空想科学読本」シリーズ

小学校高学年から特に男子に人気の「空想科学読本」シリーズ。中学生の朝読書でも平成27年度第1位、平成28年度第3位と不動の人気。今年度は中学生の朝読書ではランク外でしたが、意外なことに高校生でランクインしました。短い時間でさっと読めて、知性を刺激するユーモアあふれるシリーズは、小学生から大人まで楽しめます。

 6位:恩田陸『蜜峰と遠雷』

2017年、直木賞と本屋大賞をダブル受賞した、青春群像劇。国際的なピアノコンクールに挑む青年たちの姿を描いています。ページ数・文字数も多く「一気に読みました」というレビューも多い中、わたしはまだ読了できていません( ̄▽ ̄) 高校生の人気本第6位はすごいです!

7位:「ハリーポッター」シリーズ

海外小説で唯一のランクイン。世界的に大人気のファンタジーシリーズは、中学生でも第5位にランクイン。小学生のころから何度も繰り返し読んでいるというリピーターも多いです。持ち運びに便利な文庫本もおすすめ。

8位:川原礫 『ソードアートオンライン』

中学生の人気ランキング第3位。過去三年間の高校生ランキングでも常に上位にランクインしている不動の人気を誇るライトノベル。

9位:七月隆文『ぼくは明日、昨日の君とデートする』

2016年、福士蒼汰さん、小松菜奈さんの主演で映画化された話題作。大学生の主人公が一目ぼれした女性、しかし彼女にはある秘密がありました。永遠に一緒にはいられないふたりの切ない恋の物語。さっくり読めますが、じっくりと考え過ぎると頭が混乱しそうな設定なので、恋愛小説としてあまり考えずに読むのがおすすめです。

10位:宮下奈都『羊と銅の森』

第13回本屋大賞、第4回ブランチブックアワード大賞2015、第13回キノベス!2016 第1位と三冠を達成!

11位:丸山くがね『オーバーロード』

(内容紹介)その日、一大ブームを起こしたオンラインゲーム、“ユグドラシル”は静かにサービス終了を迎えるはずだった。―しかし、終了時間をすぎてもログアウトしないゲーム。意思を持ち始めたノンプレイヤーキャラクター。なにやらギルドごと、異世界に飛ばされてしまったらしい…。現実世界ではゲーム好きの孤独でさえない青年が、骸骨の見た目を持つ、最強の大魔法使い“モモンガ”となる。彼が率いるギルド『アインズ・ウール・ゴウン』の伝説が、いま始まる!圧倒的人気のWEB小説の書籍化。

12位:村田沙耶香『コンビニ人間』

155回芥川賞受賞作のなった話題作。芥川受賞作品の中でも読みやすく、純文学はあまり読まないという人にもおすすめです。

13位:住野よる『よるのばけもの』

朝読書の人気本ランキング高校生の部でベスト3を総なめにした住野よるさんの3作目。夜になるとばけものに変身する中学生の安達と、いじめを受けているクラスメイトの矢野、ふたりの物語。

14位:川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』

2017年本屋大賞ノミネート作品。朝読書におすすめしたいほっと心あたたまる物語。今年、有村架純さんの主演で映画化も予定されています。

15位:森見 登美彦『夜行』

『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』など京都を舞台に、不思議で独特の世界観を描く森見登美彦さんの作品が好きな方に、ぜひ読んで欲しい。より不思議で怪奇的な雰囲気を味わえます。

16位:東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇跡』

悪事を働いた少年3人が忍び込んだ廃屋。そこは過去と未来が手紙でつながる不思議な雑貨店だった。東野圭吾さんのファンタジックなミステリー。映画化でも話題となりました。

17位:西尾維新「掟上今日子」シリーズ

2017年朝読書人気本ランキング中学生の部第9位。今年度は、西尾維新さんの「物語」シリーズが中学生部門で12位にランクインしています。ドラマ化で注目されましたが、新刊が次々と刊行されるのも人気の秘密かもしれません。

18位:秋吉理香子『暗黒女子』

名門女子高でカリスマ・いつみが死んだ。集められた文学サークルのメンバーたちによりいつみの死の真相が明らかになってゆく。

19位:佐野徹夜『君は月夜に光り輝く』

第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作
月の光を浴びると体が淡く光る「発行病」の少女とクラスメイトの僕との恋の物語。

20位:又吉直樹『火花』

第153回芥川賞受賞。
2016年朝読書人気本ランキング 高校生部門 第1位。高校生部門では3年連続ベスト20にランクインしています。
映画・ドラマ化の話題作

朝読書におすすめの本お探しですか?

中高生におすすめのブックサイト【BOOKS雨だれ】が選ぶ、高校生におすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。

高校生の読書におすすめの本~心揺さぶられる本との出会い
【10代のための本さがしサイトBOOKS雨だれが選ぶ高校生におすすめの本】心揺さぶられる本との出会いを!高校生の読書におすすめの本を紹介します。
中学生・高校生に読んで欲しい戦争の本
中学生・高校生のみなさんに読んで欲しい戦争の本を海外小説、日本小説、ノンフィクション、絵本などジャンル別にまとめています。
朝読書で名作も人気作家も読める!中学生・高校生におすすめの短編・アンソロジー
朝読書は、短い時間に集中して活字を読むことで脳の活動を緩やかに活性化させ、その後の学習への集中力アップにもつながる、これから勉強を始めるためのウォーミングアップみたいなもの。短い時間で集中力を高める朝読書におすすめの本をまとめてみました。

中高生の朝読書人気ランキング一覧

平成27年度から平成29年度までの朝読書で人気の本ランキングをまとめています。本選びの参考にどうぞ。

【平成29年度】中学生が朝読書で読んでいる人気の本20冊
【平成28年度】高校生が朝読書で読んでいる人気の本20冊
【平成28年度】中学生が朝読書で読んでいる人気の本20冊
【平成27年度】中学生・高校生が朝読書で読んでいる人気の本はこれだ!

コメント