2018年本屋大賞とノミネート作品

ニュース

「全国書店員が選んだいちばん!売りたい本 2018年本屋大賞」が発表されました。「本屋大賞」は、毎年、 大賞受賞作が次々と映画化されるなど、本好きだけでなく日本中のメディアが注目する本の祭典です。毎回、読み応えのあるノミネート作品が並び、本選びに迷った時は、本屋大賞ノミネート作品から選べば間違いなし!と言われるほど。

2018年本屋大賞」には、辻村深月さんの『かがみの孤城』が選ばれました。そのほか、本屋大賞ノミネート作品を紹介します。

スポンサーリンク

本屋大賞順位発表

一次審査には全国504書店より書店員665人の投票。

二次審査には全国311書店より書店員374人の投票がありました。

二次審査では、参加した書店員のみなさんはすべてのノミネート作品を読み、その上でベスト3を推薦理由を添えて投票しています。そんな書店員さんの推薦コメントもよめる(らしい)2018本屋大賞のすべてを網羅した本の雑誌増刊号「本屋大賞2018」も発売中!

大賞:辻村深月『かがみの孤城』

中学一年生になったばかりで、学校に行けなくなった”こころ”。ある日、部屋の鏡が光り出し、気が付くと鏡の中の世界に引きずり込まれていた。そこにはこころと同じように学校に行けない7人の中学生がいた。

豪華なお屋敷ようなその”かがみの城”にあるという”願いの鍵”を見つけたものは、ひとつだけ願い事が叶うという…。

自分の居場所をうまく見つけられない子どもたちの心の声を届けるファンタジー。辻村深月さんは、この作品について「かつて子どもだったすべての人へ向けて書いた作品です」と紹介し、「「大人や子どもに限らず、今自分に居場所がないと感じている人、味方がいないと感じている人にページを開いてもらって、こころたちと冒険に行ってほしい」とコメントしています。

今回の作品のように、子どもから大人まで読める小説が本屋大賞に選ばれるのはうれしいことです。小学生高学年から読めます。中学生には特におすすめ出だし、子どもに寄り添うすべての人に読んで欲しい1冊。

辻村深月さんは本屋大賞に4度目のノミネートで初の受賞となりました。
これまでのノミネート作品はこちら。

チェック2016年本屋大賞第5位『朝が来る』
2015本屋大賞第3位『ハケンアニメ』
2014年本屋大賞第3位『島はぼくらと』

2位:柚月裕子『盤上の向日葵』

実業界の寵児で天才棋士――。 男は果たして殺人犯なのか! ?
埼玉県の山中で発見された白骨死体。手がかりは一緒に埋められたいた将棋の駒。それは初代菊水月作の伝説の名駒だった。

3位:今村昌弘『屍人荘の殺人』

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介が参加した、曰くつきの映画研究部の夏合宿で起こる殺人事件。それは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!!奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作!

ノミネート作品の中で一番読みたいのがこの作品。

4位:原田マハ『たゆたえども沈まず』

誰も知らない、ゴッホの真実。
天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正。
二人の出会いが、〈世界を変える一枚〉を生んだ。

 

5位:伊坂幸太郎『AX』

(内容紹介)最強の殺し屋は―恐妻家。「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子の克巳もあきれるほどだ。兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる殺し屋シリーズ最新作!

 

6位:塩田武士『騙し絵の牙』

出版界と大泉洋という二つの「ノンフィクション」を題材に書く社会派にして本格ミステリー!

前作『罪の声』に続いての二年連続本屋大賞ノミネート。フィクションを題材にした小説というおもしろい試みで描かれています。

7位:今村夏子『星の子』

主人公・林ちひろは中学3年生。出生直後から病弱だったちひろを救いたい一心で、両親は「あやしい宗教」にのめり込んでいき、その信仰は少しずつ家族を崩壊させていく。

昨年、村田沙耶香さんの『コンビニ人間』が本屋大賞にノミネートされましたが、芥川賞候補作となった純文学小説が本屋大賞にノミネートされるのは嬉しいです。どこかずれているのに、おかしさに気づかない登場人物たちにぞわりとする今村夏子さんの文章のもつ独特の感覚をぜひ味わってみてください。

8位:知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』

彼女はなぜ死んだのか? 幻だったのか?ユカリの足跡を追い、碓氷は横浜山手を彷徨う。そして、明かされる衝撃の真実!?
どんでん返しの伝道師が描く、究極の恋愛×ミステリー!!

9位:村山早紀『百貨の魔法』

時代の波に抗しきれず、「閉店が近いのでは?」と噂が飛び交う星野百貨店。エレベーターガール、新人コンシェルジュ、宝飾品売り場のフロアマネージャー、テナントのスタッフ、創業者の一族らが、それぞれの立場で街の人びとに愛されてきたデパートを守ろうと、今日も売り場に立ちつづける―。百貨店で働く人たちと館内に住むと噂される「白い猫」が織りなす、魔法のような物語!

『桜風堂ものがたり』に続き、2年連続での本屋大賞ノミネート。ほっこりと心あたたかくなる物語。

10位:小川糸『キラキラ共和国』

『ツバキ文具店』待望の第2作。

翻訳小説部門

1位:ステファニー・ガーバー『カラヴァル 深紅色の少年』

“カラヴァル”とは年に一度、世界のどこかで開催される魔法のゲーム。
今年の勝者は、一つだけ願いを叶えてもらえるという――緋色(スカーレット)を名に抱く少女の目の前に広がる、魔法と嘘に満ちた世界。恋に翻弄されながらも、真実を求めて成長する冒険ファンタジー!

ハリーポッターが好きな人におもしろそうですね。未読ですが、早めにチェックしたいです。
本屋大賞翻訳部門の受賞から通販サイト「amazon」でも注文が殺到し、売れ筋ランキングが本屋大賞発表前日の68万位から一夜で20位以内に上昇したそうです。本屋大賞の影響力、恐るべし(;^ω^)

2位:陳浩基『13.67』

現在(2013年)から1967年へ、1人の名刑事の警察人生を遡りながら、香港社会の変化(アイデンティティ、生活・風景、警察=権力)をたどる逆年代記(リバース・クロノロジー)形式の本格ミステリー。

3位:ボストン・テラン『その犬の歩むところ』

ギヴ。それがその犬の名だ。彼は檻を食い破り、傷だらけで、たったひとり山道を歩いていた。彼はどこから来たのか。何を見てきたのか…。この世界の罪と悲しみに立ち向かった男たち女たちと、そこに静かに寄り添っていた気高い犬の物語。『音もなく少女は』『神は銃弾』の名匠が犬への愛をこめて描く唯一無二の長編小説。

これまでに出版されている2作品も気になっている作家さん。『神は銃弾』では「このミステリーがすごい!」第1位、『音もなく少女は』で「このミステリーがすごい!」第2位を受賞しています。

コメント