横山 佳『二メートル』~つかず離れずの微妙な距離間

横山佳『二メートル』
  • 中学生・男の子にもおすすめ
  • 友だちをテーマにした本
  • 第11回ちゅうでん児童文学賞大賞受賞
スポンサーリンク

友だちまでの微妙な距離

他人との距離感って難しい。

高校に入学してから通学路でいつも後ろをついてくるあいつ。

二メートル後ろの距離を保ち、お説教してくる。

話し声は聞こえても、手を伸ばすには足りない、微妙な距離。

少し近づいたり、離れたり、その距離感が心地よくおもしろい。

つかみどころのない男子高校生の距離感と関係が妙にくせになる。
高畠那生さんのイラストも、ストーリーとマッチしていい味出してます。
ページ数少なめなので、お手軽に本を楽しみたい人におすすめ。

受賞歴など

BOOKS雨だれ 第11回ちゅうでん児童文学賞大賞受賞

著者のデビュー作です。

 

ちゅうでん児童文学賞ならこちらもおすすめです。

澤井美穂『赤いペン』~ちゅうでん児童文学賞受賞
【小学校高学年から中学生におすすめおすすめの本】赤いペンにまつわるちょっと不思議なものがたり。ちゅうでん児童文学賞受賞。

コメント