薬丸岳『Aではない君と』

Aではない君と 小説文学
もしもあなたの子どもが殺人罪の容疑者になったら…
中学生の少年犯罪をテーマにした本
いじめと家族をテーマにした本
スポンサーリンク

息子が殺人の容疑者に!?

もしも、自分の子どもが殺人の容疑者になってしまったとしたら!?冷静に子どもの無実を信じることができるだろうか。少年犯罪の闇を切り込むミステリー。

少年の遺体が発見された。

藤井という中学二年生のその少年の遺体は、何者かに胸を刃物のようなもので刺されていた。

吉永圭一は、数年前に妻と別れ、今はひとりで暮らしている。少年の遺体が発見されたその翌日、吉永のもとに警察がやってきた。訳がわからないままに質問を受け、やがて、妻と暮らすひとり息子の翼が少年の事件の容疑者として逮捕される。

肝心の息子は、何も話さない。親として息子を信じたいと思いながらも、自分が息子のことを何も知らないという愕然とする事実を突きつけられる吉永。

動物が好きで優しかった息子が、本当に同級生の少年を殺したのだろうか。

最後には、著者なりの答えを示すが、答えなんてあるのかな。

親が親の責任を果たせないことの責任を子供が背負わされる。藤井君も翼、君も、どちらもその被害者だというのは都合のいい話だといえるだろうか。

「子供のことを知ろうとしないってことは、子供を捨てたことと同じことなんじゃないの」

心を開こうとする翼くんの数少ない言葉のひとつひとつが重みをもって迫る。

「うちの子にかぎって」という言葉は、どの親も十字架のように掲げている言葉だが、果たしてそれは、子どもを信じているからこそ言える言葉なのか。

それとも彼らが信じたいのは、自分の子育てなのか。

*本をチェックする*

こちらの記事も読まれています

中学生・高校生のみんなに読んで欲しい”いじめ”を考える本
【中学生・高校生に読んでほしい本】いじめについて考えることは、自分について考えることです。みんなで考えて欲しい【いじめ】をテーマにした小説を紹介します。

関連記事

もし息子が人を殺したら…… 『Aではない君と』 (薬丸岳 著)|インタビュー・対談|「オール讀物」編集部|本の話WEB

話題の1冊 著者インタビュー 薬丸岳 『Aではない君と』 講談社 1,500円(本体価格) – エキサイトニュース(1/2)

【書評】『Aではない君と』薬丸岳著 – 産経ニュース

コメント