安藤みきえおすすめの本~肩の力を抜いて楽しめる小さな物語~

ちょっと不思議で、くすりと笑えるユーモアがある。ちょっと予定外「あれ?」って感じに話が進み、最後にはおさまるところに話はちゃっかりとおさまります。

短くて読みやすいおはなしが多いから、読書があまり好きではない人にも「ちょっと読んでみない?」とおすすめしたくなる作品ばかり。

小学生から大人まで楽しめる作家さんは、それほど多くない。そんな安東みきえさんのおすすめ本を紹介します。

スポンサーリンク

安東みきえ

1953年山梨県甲府市生まれ。

1994年第11回小さな童話大賞(毎日新聞社主催)大賞および今江祥智賞受賞。

1997年より「そこまでとべたら」が『中学国語1』(光村図書)に収録。

2000年『天のシーソー』が第11回椋鳩十児童文学賞受賞。

頭のうちどころが悪かった熊の話

【中学生・高校生・大学生・大人にもおすすめの本】安藤みきえさんの、動物たちが織りなすシュールな短編集『頭のうちどころが悪かった熊の話』高学年から中学生に。おもしろいおはなしが読みたい人におすすめです。
動物っていいな。わたしも動物たちのようにのんびり気ままにくらしたい、なんて思っているあなたのおすすめしたいのが、ちょっとシュールでじつは哲学なこの1冊。どこかわたしたちに似ている彼らの日常に巻き起こるちょっとした非日常をお楽しみください。男女問わず、ふだんはあまり本を読まない人にもおすすめです。高学年から。

まるまれアルマジロ!―卵からはじまる5つの話

『頭のうちどころが悪かった熊の話』の続編ともいえる、シュールな動物たちの小さな物語。オケラ、オオカミ、ハゲタカ、アルマジロ、コウノトリの5つの短編。高学年から。

ワンス・アホな・タイム

みんなも知っているようなあの「おとぎ話」のパロディ⁉とも言えるような7つの物語。おとぎ話にありがちな展開からちょっと話がずれているところが「アホっぽい」。とはいえ、最後にはハッピーエンドでほっこりと心あたたまる。抜け感のあるゆるゆる「おとぎ話」をお楽しみください。こちらも、ふだんは読書はあんまりしないよ!という人におすすめしたい1冊。高学年からおすすめです。

夕暮れのマグノリア

(BOOKデータベースより)それはほんのいっときで消えてしまう。あらわれるのはきまって夕暮れ時。光と闇のまざる時間、生と死の境目がぼんやりするころ―。女子中学生・灯子の感受性がつむぐ、やさしさと不思議さに満ちた一年間。

天のシーソー

(BOOKデータベースより)小学五年生のミオと妹ヒナコの毎日は、小さな驚きに満ちている。目かくし道で連れて行かれる別世界、町に住むマチンバとの攻防、転校してきた少年が抱えるほろ苦い秘密…不安と幸福、不思議と現実が隣り合わせるあわいの中で、少女たちはゆっくりと成長してゆく。一篇一篇が抱きしめたくなるような切なさとユーモアに満ちた珠玉の連作短編集。書き下ろし短編「明日への改札」を収録。

ゆめみの駅遺失物係

【小学校高学年から中学生におすすめの本】みなさんはどんな失くしものをしますか?この物語の女の子はちょっと変った失くしものをさがしています。「おはなし」が好きな人におすすめ。

小さな物語や本が好きな人におすすめしたいのが、こちら。物語を失くしてしまった女の子が駅の遺失物係に行ってみると、係の人が遺失物係に届いた「落とし物」の物語を読み聞かせてくれました。女の子の失くした物語は見つかるのでしょうか。安東みきえさんが小さな童話大賞を受賞した最初の物語も収録されています。