高橋邦典『「あの日」、そしてこれから』

震災

  • 東日本大震災の記録
  • 著者・高橋邦典さんは東北出身のジャーナリスト
  • 取材をもとにした写真ノンフィクション

東日本大震災から一年後、高橋さんは再び故郷・宮城を訪れた。あの日に取材した方たちに再び会うために。

スポンサーリンク

震災から一年、故郷の復興を追う

高橋邦典さんは、宮城県出身のフリージャーナリスト。

2011年3月11日、東日本大震災を取材先の北アフリカで知った高橋邦典さんは、急いで故郷・宮城へ戻った。そこで、震災直後の方たちのいまをカメラにおさめ、彼らの声を取材した。そうして出版された写真集、「あの日」のこと。

2011年3月11日、フリージャーナリストの高橋邦典さんは、故郷・宮城県仙台市を大きな地震が襲ったというニュースを北アフリカのリビアで人づてに聞いた。

それから一年後。

あの時取材した人たちを再び尋ねて取材したのがこちら。

「あの日」、そしてこれから。

震災から一年、復興はどのように進んでいるのか。

一年を経て、あの日を振り返った思いがつづられています。

心に残った言葉。

兄弟だってたまに

『何かほしいものはないか』と電話だのよこすけど、おれは物なんかいらないのさ。

自分で買えっから。

ただ、一人ってのは本当に孤独だよね。

語られるみなさんの言葉は、胸に痛みをともなうけれど、耳をかたむけていきたい。

この言葉が一年後、また一年後ともっと前向きになっているだろうか。

辛い思いを消すことはできないかもしれないが、復興が「変わらない」ということのないように、できることを見つけていきたい。

*本をチェックする*

こちらの記事も読まれています