陳丹燕『ある15歳の死 女中学生之死』

中国で実際にあった少女の物語
ルポ・ノンフィクション
スポンサーリンク

少女は大人にならないことを選んだ

1986年、中国・上海一のエリート中学に通う15歳の少女が自ら命を断った。卒業を間近に控えた冬のことだった。

ニン・クは夜が明ける前に、この七階からとびおりた。
そのとき、おとなたちはどこにいたのだろう。男も女も自分の望みのために一日働いて、眠っていた。自分の家の前を15歳の女の子が通り過ぎたのを、その女の子が生きていたくなくなったのを、おとなたちは知らなかった。
おとなたちは、目を覚まさなかった。

(本文より)

15歳の少女が自ら死を選ぶという痛ましい事件。エリート校に通い希望のある未来を約束されているようにみえる彼女にいったいなにがあったのか。少女の心をなぞるように、著者は取材をすすめた。

彼女の日記に残されていたのは、苦しい生活環境、母親との確執、エリート校での学業へのプレッシャー、そして恋愛。成長期の女の子なら誰でも抱えるような悩みがまるで大きな問題のように大人にとらえられ、そのなかで押しつぶされるように、彼女は大人にならないことを選んだ。

完璧さは、自分で追い求めるものであって、周りから求められるべきものではない。

自分と向き合い、自分を受け入れていく思春期は、自分で自分を追い込むような時期でもある。

この時期に、まわりからも追い詰められてしまったら逃げ道がなくなってしまうよね。

この本、ネットショップでは見つけることができませんでしたが、効率図書館であれば所蔵しているかもしれません。

この本もおすすめです

 

中学生・高校生のみんなに読んで欲しい”いじめ”を考える本
【中学生・高校生に読んでほしい本】いじめについて考えることは、自分について考えることです。みんなで考えて欲しい【いじめ】をテーマにした小説を紹介します。

 

コメント