ハリエット・アン・ジェイコブズ『ある奴隷少女に起こった出来事』

歴史

  • 著者自身の体験から生まれたノンフィクションノベル
  • 奴隷制度を知り、人権について考える本
  • 読書感想文にもおすすめ世界中で読まれているベストセラー

 奴隷少女の真実の声

不埒な医師・フリント医師の奴隷だったリンダ。
雇い主からの耐え難い虐待から逃れるため、十五歳の少女が選んだのは、他の白人男性の子どもを産むことだった。
それは高潔な道徳心に背く、大きな賭けでもあった。
彼女が欲しかったのは、ただ自由で平穏なごく当たり前の生活。

奴隷制度の真実を知らなかった北部の人たちは、そのあまりにもショッキングでセンセーショナルな内容に、この物語を「著者不明のフィクション」と位置付けた。
実際に、リンダが北部に逃げ切った時、彼女が自由を手に入れるために計画し実行したことを告白すると、牧師はこうたしなめた。
「ほかの人にあけすけに話してはなりません。心ない人が聞いたなら、あなたを軽蔑する口実にするかもしれない」
しかし、だれも頼るもののいない場所で、恐怖に打ち震えるたった15歳の少女がほかにどんな方法で「自分」を守ることができただろうか。

多くの黒人の自由と人格を奪った奴隷制度だが、物語の主人公リンダは、奴隷制の苦しみは黒人だけのものではない、と綴る。

奴隷制は黒人だけでなく、白人にとっても災いなのだ。それは、白人の父親を残酷で好色にし、その息子を乱暴でみだらにし、それは娘を汚染し、妻をみじめにする。黒人に関しては、彼らの極度の苦しみ、人格破壊の深さを表現するには、わたしのペンの力は弱すぎる。

この物語を読めば、白人の家族もまた奴隷制度によって翻弄されていることがわかる。

ひとりの奴隷少女が手に入れた自由はやがて、奴隷制度の残忍さの真実を伝え、長い間封じ込められていた多くの奴隷たちの声を解き放つ。

これはフィクションなのか!?

この物語は、一風変わった長い歴史を持つ。

自由を手に入れたリンダは、奴隷制の真実を人々に知ってもらおうとペンを取り、物語をつづることを決意した。こうしてできあがった物語は当時、フィクションとして扱われていた。奴隷の多くは文字を書くことができない。ましてや、物語が書けるとは思われていなかった。この物語も、著者不明の(白人による)フィクション」と位置付けられた。

126年後、歴史学者によってこの物語が「リンダ・ブレントによるノンフィクション」であることが証明されると、やがてこの作品は米国でベストセラーとなった。

この物語の真実が明かされてはじめて、この物語の歴史的な価値が認められた。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーリンク