中学生・高校生に読んで欲しい!朝井リョウのおすすめ本5冊

現役大学生で作家デビューし、代表作『何者』で史上初の平成生まれでの直木賞を受賞した作家・朝井リョウ。彼が描く若者たちの姿は、等身大の飾らなさと瑞々しさがありますよね。高校生や大学生に共感を得るものわかりますね。中学生・高校生にも読んで欲しい朝井リョウさんのおすすめ小説を5冊紹介します。

スポンサーリンク

『桐島、部活やめるってよ』

朝井リョウさんが現役大学生の時に「小説すばる新人賞」を受賞したデビュー作。高校生たちのもつ独特の自由さと閉鎖された感情のアンバランスさが瑞々しい文章で繊細に描かれています。物語には登場しない「桐島」のもつ影響力の大きさ。これが彼らのコミュニティーの不安定さをよく表しています。高校生におすすめの作品です。

『時をかけるゆとり』

作家・朝井リョウのことがよくわかる、というよりむしろ一周まわって、よりわからなくなるほどにギャップ感が満載の朝井リョウ初エッセイ。笑えます。我が家の中高生がボロボロになるほど読み込んでいる1冊。中学生・高校生のうちに読んでおきたい1冊。第二弾の『風と共にゆとりぬ』で続けて笑ってください。

『何者』

朝井リョウが史上初の平成生まれの男性最年少で直木賞を受賞した代表作です。大学生たちの就職活動という現実とSNSで発信される彼らの日常の不確かさ。本音と建前が交錯し、社会との接点によって自分が変形していくような曖昧さだけが確かなものであるような若者の不安定さが絶妙に描かれています。社会も若者に都合のよさをなすりつけていやしないか、という気もするけど。アナザーストーリーを描いた『何様』も合わせてよむとおもしろいかも。

スポンサーリンク

『チア男子! ! 』

現役大学生の時に出版された朝井リョウさん2作目。柔道男子だったケガをきっかけに大学で男子チアチームを結成する!?という爽快青春スポーツ小説。早稲田大学男子チアチーム「ショッカーズ」をモデルにしていることもあり、読み応えあります。デビュー作『桐島、部活やめるってよ』とのギャップでも心つかまれた作品です。中学生にもおすすめ!スポーツ好きな人もそうでない人も楽しめます。

『世界地図の下書き』

坪田譲治文学賞受賞作品。児童養護施設でくらす子どもたちを描いた切なくも希望ある物語。中学生からおすすめですが、小学校高学年からも読める内容です。

もっと朝井リョウのおすすめ小説

『もういちど生まれる』

『桐島、部活やめるってよ』が好きな人におすすめです。大学生バージョンと言った感じの群像劇。個人的には、朝井さんの作品の中で一番好きかもしれない。

『星やどりの声』

亡くなった父の遺した喫茶店を営む一家を描いた連作短編。胸にじんと熱いものがこみ上げる家族の物語です。中学生からおすすめで、朝井さんの小説の中でも人気の作品です。個人的にはあまり入り込めなかったのです。朝井リョウさんの卒業論文作品でもあるようです。

 

コメント