小説文学

中学生から大人まで読める一般の小説です。児童書・YA文学とジャンル分けしています。

小説文学

おにぎりは祈りのかたち~原田マハ『生きるぼくら』

中学生・高校生におすすめ 農業・自然・食に関心のある人に 蓼科が舞台のハートフル家族ドラマ 麻生人生(あそうじんせい)、24歳、引きこもり。 人生の生活をひとりで支えていた母が、ある日、人生を置いて家出した。 母が残してい...
小説文学

中田 永一『くちびるに歌を』

【BOOKS雨だれ】中学生におすすめ50冊 Nコン挑む中学生たちを描く青春合唱小説! 国語教科書でもおすすめ NHK全国学校音楽コンクール。通称Nコン。 小学校の部・中学校の部・高校の部があり、毎年10万人もの全国の学生たちが、全国...
小説文学

山岡ミヤ『光点』~祈りは光をもとめて

第41回すばる文学賞受賞作 実以子の毎日は、家と工場の往復でしかない。 中学を卒業すると高校へは行かず、町の工業団地の中にある弁当工場で働いている。 父と母との家での暮らしは少し窮屈だが、時折、隣町へ出かけて映画を観たり、日用品を買い...
小説文学

中脇初枝『世界の果てのこどもたち』

中学生から大人までおすすめ 戦争と平和について考える本 昭和20年の満州。小さな開拓団の村で出会った3人の少女たちの数奇な運命をたどる物語。 満州の最果ての地にある開拓団の村。 高知県千畑村から開拓民として一家でやっ...
小説文学

乾ルカ『あの日にかえりたい』

北海道を舞台にした短編集 直木賞ノミネート作品 いつか確かにあったはずの「あの日」 ほんの一瞬の小さな点のような「あの日」に捉えられた人たちの、これは6つの小さな奇跡の物語。「いま」と「あの日」が交わる時、再び時間が動き出す。 ...
小説文学

藤岡陽子『晴れたらいいね』

中学生・高校生に読んでほしい 戦争・平和について考える物語 高橋紗穂は東京で看護師をしている。 ある日、勤務中に病室で大きな地震に襲われ気を失う。目を覚ますと、そこは太平洋戦争真っただ中にあるマニラだった。 紗穂はそこで「雪...
小説文学

村田沙耶香『しろいろの街の、その骨の体温の』

芥川賞作家村田沙耶香が描く中学生の物語 三島由紀夫賞受賞 村田沙耶香さんの小説は、読者の好き嫌いがはっきり分かれる。彼女の作品を「理解に苦しむ」と感じる人もいれば、まるで自分の一部のように痛いほどに共感する人もいる。後者は、村田沙耶香の...
小説文学

瀬尾まいこ『強運の持ち主』

占いが好きな人に 困ったこと・悩み事を抱えている人に あなたは占いを信じますか? わたしたちの人生は日々、迷いの中にある。 朝はパンにしようか、ご飯と味噌汁にしようか? 今日のカーディガンの色は黒かグレーか? 自...
小説文学

角田光代『さがしもの』

中学生・高校生におすすめ 通学や朝読書にぴったりの短編集 国語入試問題によく出る本 毎夜、読書が日課の私は、旅に出る時も、もちろんキャンプでも、本を持ち歩く。ただ、ぬかりのない準備が苦手なので、本を鞄に入れ忘れることもしばしばある。(...
小説文学

織守きょうや『記憶屋』

あなたには消してしまいたい記憶はありますか?ちょっと怖い本が読みたい中学生におすすめの第22回ホラー小説大賞読者賞受賞作。
小説文学

李文烈『われらの歪んだ英雄』

【中学生・高校生に読んで欲しい韓国文学】ソウルから田舎の小学校に転校してきたハン・ビョンテ。クラスの級長であるオム・ソクテに、だれもが絶対的な信頼を寄せているかのように見えるが、そこは彼に支配されている小さな世界だった。
小説文学

『100万分の一回のねこ』~100万回生きたねこへのオマージュ短編集

【中学生・高校生・大人までみんなにおすすめの本】佐野洋子『100万回生きたねこ』のオマージュアンソロジー。ねこが好きな人に。
小説文学

北川恵海『ちょっと今から仕事やめてくる』

☆中学生・高校生・大学生におすすめの本☆サザエさんのエンディングを聞くと憂鬱になる、働きすぎのあなたに贈るハートフル小説。第21回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉
小説文学

『本からはじまる物語』~本好きなら絶対気に入る短編アンソロジー

【中学生・高校生に朝読書にもおすすめの本】恩田陸、梨木香歩など18人の豪華な作家たちによる「本」をテーマにした短編アンソロジー。
小説文学

森絵都『漁師の愛人』

【中学生から】森絵都さんのシュールな短編/プリン三部作がおすすめ/震災をテーマにした「あの日以降」収録