小説のおすすめの本

西野亮廣【グッド・コマーシャル】

いま元気がないという人におすすめしたい、何も考えずに単純に楽しめて笑えるハッピーエンドドタバタコメディ小説がこちら!絵本作家としても知られる西野亮廣さんの小説『グッド・コマーシャル』

長田弘【なつかしい時間】

長田弘さんのエッセイ『なつかしい時間』は、ちょっとした時間にさっと読めて、心に書き留めておきたくなる言葉がちりばめられている本です。たくさんの人に読んで欲しい1冊。

中脇初枝*わたしをみつけて

中学生・高校生におすすめ。中脇初枝さんの連作短編『きみはいい子』と同じ町にある病院、そこで働くあるひとりの女性の物語。彼女は父のことも母のことも知らない、孤児でした。