小説・エッセイのおすすめの本

石井光太『蛍の森』

ノンフィクション作家・石井光太がハンセン病や差別をテーマに描いた『蛍の森』。胸が押しつぶされるような苦しさの中で「人間として生きる」ことを問う。そして、私たちにできることとはなにか。

新津きよみ『ふたたびの加奈子』

って死んだら生まれ変われるのでしょうか。たとえばそれが、あなたにとって大切な人だったら、やっぱり、どうあっても戻ってきて欲しいと願うのでしょうか。新津きよみ『ふたたびの加奈子』は輪廻転生をテーマにしたミステリー。