児童書のおすすめの本

西川紀子『わたしのしゅうぜん横町』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】壊れても捨てられない大切なものがありますか?ここへ行ったらきっと、あなたの大切なものを直してくれるお店があるかもしれませんよ。こわれものを修理するお店が並ぶ「しゅうぜん横丁」の物語。

上橋菜穂子『精霊の守り人』

あまりファンタジーは読まないという人にも、ぜひ手に取ってみて欲しいのが上橋菜穂子さんの『精霊の守り人』。シリーズ全10巻、累計370万部の売り上げ。世界中に翻訳されファンの多いアジアンハイファンタジー!

江國香織『雪だるまの雪子ちゃん』

【小学校高学年から大人にもおすすめの本】その季節にあった本というものがある。冬の乾いた空気とひんやりとした風の心地よさ、キャラメルの甘さが優しいような。江國香織さんの『雪だるまの雪子ちゃん』も、そうした本の1冊。

大崎梢『片耳うさぎ』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】小学5年生の女の子が謎を解決!小学校高学年におすすめ!大崎梢さんのライトミステリーを紹介します。