児童書

児童書

富安陽子『ふたつの月の物語』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】ふたりの女の子の秘密をめぐるファンタジーミステリー。
児童書

西川紀子『わたしのしゅうぜん横町』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】壊れても捨てられない大切なものがありますか?ここへ行ったらきっと、あなたの大切なものを直してくれるお店があるかもしれませんよ。こわれものを修理するお店が並ぶ「しゅうぜん横丁」の物語。
児童書

イアン・ベック『盗まれたおとぎ話~少年冒険家トム』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】おとぎばなしのようなファンタジーの世界に憧れる!という人におすすめしたいのが、イアン・ベックの『盗まれたおとぎ話』。おとぎばなしも、結構大変なのよ。
児童書

上橋菜穂子『精霊の守り人』

あまりファンタジーは読まないという人にも、ぜひ手に取ってみて欲しいのが上橋菜穂子さんの『精霊の守り人』。シリーズ全10巻、累計370万部の売り上げ。世界中に翻訳されファンの多いアジアンハイファンタジー!
児童書

江國香織『雪だるまの雪子ちゃん』

【小学校高学年から大人にもおすすめの本】その季節にあった本というものがある。冬の乾いた空気とひんやりとした風の心地よさ、キャラメルの甘さが優しいような。江國香織さんの『雪だるまの雪子ちゃん』も、そうした本の1冊。
児童書

大崎梢『片耳うさぎ』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】小学5年生の女の子が謎を解決!小学校高学年におすすめ!大崎梢さんのライトミステリーを紹介します。
児童書

笹生陽子『ぼくらのサイテーの夏』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】小学6年生の夏、プール掃除で過ごすことになった僕(しかも骨折している)と栗田(不愛想)のひと夏のストーリー。読書感想文にも人気です。
児童書

堀米薫『林業少年』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】林業のことをもっと知って欲しい!堀米薫さんの『林業少年』
児童書

松谷みよこ『ふたりのイーダ』~帰りを待つイス

【小学校高学年から中学生におすすめの本】戦争や平和について考える。おばあちゃんの家で過ごすことになった夏。直樹は、荒れ果てた家の中で「イナイ、イナイ…」と言いながら歩き回っているイスを見つけた…。
児童書

令丈ヒロ子『パンプキン!模擬原爆の夏』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】1945年、原子爆弾が投下される前に日本各地に投下されていたというパンプキンと呼ばれた爆弾を知っていますか。令丈ヒロ子さんの『パンプキン!模擬原爆の夏』
児童書

「やぎの冒険」で映画監督デビュー・仲村颯悟ノンフィクション~映画カントクは中学生!

【小学校高学年から中学生におすすめの本】中学生映画監督・仲村颯悟さんのノンフィクションドキュメント。2009年、13歳のときに、本作の土台となる短編『やぎの散歩』の脚本が沖縄観光ドラマコンペティションに選ばれたのが監督デビューのきっかけ。
児童書

吉橋 通夫『風の海峡』~日本と朝鮮の歴史を知る

【小学校高学年から中学生におすすめの本】近いのに遠い国、日本と朝鮮の歴史上さいしょの大きな戦いとなった「文禄・慶長の役」を描いた吉橋 通夫さんの『風の海峡』小学校高学年から読めるおすすめの歴史小説です。
児童書

ラルフ・イーザウ『盗まれた記憶の博物館』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】ファンタジー好きならぜひおすすめしたい作家がラルフ・イーザウ。あの『モモ』や『果てしない物語』のミヒャエル・エンデも認める現代ファンタジーの旗手。
児童書

ナルニア国物語シリーズ

【小学校高学年から大人までおすすめの本】世界的ベストセラーファンタジー。映画化でも話題となりました。小学校中学年から大人まで楽しめるC・S・ルイスの『ナルニア国物語』シリーズ。
児童書

松本 祐子『8分音符のプレリュード』

【小学校高学年から中学生に】吹奏楽部で優等生の果南と天才ピアニスト・透子の物語。
スポンサーリンク