本棚リスト

児童書

ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』

【小学校高学年から大人までおすすめの本】駅の構内を自由に動き回り、大時計のねじ巻きをして暮らす孤児の少年ユゴー。モノクロで描かれたイラストファンタジー。あまり本を読まない人にもおすすめです。
小説文学

よしもとばなな『どんぐり姉妹』

姉の名前はどん子、妹はぐり子。どんぐり姉妹のふたりがはじめた、小さな相談サイト。なんてことのない日常が心を癒してくれる。
YA文学

白河 三兎『私を知らないで』

【中学生におすすめの本】中2の夏の終わり、転校生の僕はクラスの中で誰とも交わろうとしないキヨコのことが気になっていた…。白河 三兎さんの切ないライトミステリー。
小説文学

伊集院静『機関車先生』

瀬戸内の小島・葉名島の小さな小学校にやって来た先生は、病気が原因で口をきけませんでした。大きな先生と子どもたちの心あたたまる物語。
小説文学

冲方丁『はなとゆめ』~清少納言と枕草子ものがたり

清少納言が中宮定子様に女房として仕え、『枕草子』を書き上げるまでを描く歴史小説。
児童書

上橋菜穂子『虚空の旅人』

【小学校高学年から大人までおすすめの本】累計370万部を売り上げる『精霊の守り人』シリーズの第四弾!今度の主役はチャグム皇太子!
小説文学

辻村深月『きのうの影踏み』~不思議で実は怖いおはなし

日常と隣り合わせにある少し不思議で実は怖い「都市伝説」のような小さなおはなしを集めた辻村深月さんの短編集。こわい本が読みたい人に。
児童書

上橋菜穂子『夢の守り人』

【小学校高学年から大人までおすすめの本】上橋菜穂子さんのアジアンハイファンタジー第三弾!
児童書

上橋菜穂子『闇の守り人』

【小学校高学年から大人までおすすめの本】上橋菜穂子『精霊の守り人』シリーズ第2弾。守り人シリーズの中で一番おもしろかった。高学年からぜひおすすめです。
小説文学

桐野夏生『バラカ』~失い選んでゆく力

東日本大震災、避難区域で発見され小さな女の子・バラカ。どこからやってきて、彼女のはどこに向かうのか。混乱の時代の中で生きる子どもたちの困難と逞しさを描く。
児童書

安東みきえ『ゆめみの駅遺失物係』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】みなさんはどんな失くしものをしますか?この物語の女の子はちょっと変った失くしものをさがしています。「おはなし」が好きな人におすすめ。
小説文学

現代語訳 おもしろ日本古典ばなし115

古典が苦手な人におすすめのざっくり訳してくれる古典の小話115
YA文学

長江優子『ハンナの記憶 I may forgive you』

【中学生におすすめの本】家出をしてきたおばあちゃんに届いた外国からの手紙をきっかけに、中学二年生の波菜子は、おばあちゃんの戦時中の生活を知ることになります・・・。
小説文学

東野圭吾『カッコウの卵は誰のもの』~そのスキーの才能は遺伝子か

東野圭吾が描くウィンタースポーツミステリー。スポーツにおける優れた遺伝子Fパターンの持ち主である緋田風美。彼女には、本人も知らない出生の秘密があった・・・。
YA文学

辻村深月『冷たい校舎の時は止まる』

【高校生におすすめの本】大雪の朝、大学受験を控えた8人の高校生が校舎に閉じ込められてしまう/辻村深月さんのデビュー作長編ホラーミステリー/第31回メフィスト賞受賞