YA文学のおすすめの本

乙一『暗黒童話』

【中学生・高校生におすすめの本】怖い本が読みたい人に/不慮の事故により左目と記憶を失った少女に移植した左目がある記憶を映し出す/乙一さん初の長編ホラー小説

乙一『天帝妖狐』

「夏と花火と私の死体」でデビューし、17歳とは思えないその作品の斬新な視点と文章力で一気に注目を浴びた乙一さんの第2作短編集。

朝井 リョウ『世界地図の下書き』

【小学校高学年から中学生・高校生・大人までおすすめの本】朝井リョウ、児童養護施設でくらす子どもたちを描いた『世界地図の下書き』。坪田譲治文学賞受賞作。小学校高学年から中学生に。

井上ひさし『四十一番の少年』

【中学生・高校生におすすめの本】放送作家、小説家、エッセイストなど、さまざまな分野で活躍してきた井上ひさしさんがかつて孤児院でくらしていたころを含み描いた自伝的短編。中学生・高校生・男子にもおすすめ。