YA文学のおすすめの本

壁井ユカコ【14歳限定症候群】

中学二年生、14歳の仲良し女子6人。ある日、目が覚めると、体にとんでもない異変が起こっていた!?原因は、たぶん病院で処方されたあの赤と白のカプセル。わたしの体はどうなっちゃうの!?

14歳のためのアンソロジー~【14歳の本棚シリーズ】

中学生におすすめ!14歳のための14歳のアンソロジー。【初恋友情編】【部活学園編】【家族兄弟編】思春期の脆さとしなやかさをあわせもった彼らの目線が描かれた秀作をセレクト。名作や話題作、ベストセラーと呼ばれる小説をバランスよく取り込んだ読み応えのある1冊です。

中脇初枝【祈祷師の娘】

中脇初枝さんの作品には、複雑な関係にある家族の物語が多い。『祈祷師の娘』も血のつながりのない家族のなかで暮らす、中学生の女の子はるちゃんの物語。

山田悠介【キリン】

「父親や母親が天才だったらなぁ…もっと賢い子どもになったのに!」な~んて思ってる人、あまりいないと思いますけど、もしあなたがそんなことを考えているのだとしたら、この本を読んでみて。天才の子どもだからとか天才の子の母だからとか、そういう理由では幸せになれないということがわかるかも。