マイケル・モーパーゴ『だれにも話さなかった祖父のこと』

戦争と平和

  • 小学校高学年からおすすめしたい小さな絵本
  • 戦争について考える物語
  • 読書感想文にもおすすめです

辛く悲しい記憶をそっと胸に秘めて、だれにも語ろうとしないことは珍しくない。悲しい記憶を語ることは、その時の辛かった気持ちを掘り起こすことだから。だからそっとしておいてあげたい。でも、だれか聞いてくれる人がいれば癒される思いもある。

スポンサーリンク

祖父の戦争体験

マイケルの祖父には家族のだれにも語ることのない秘密があった。

祖父の片手は三本の指が半分しかなくて、もう片方は親指だけ。

上唇はないのと同じで、片耳はただの穴だった。

祖父の濃い青い目が、まばたきをすることはほとんどない。

幼いころからマイケルは、ずっと祖父の秘密を知りたいと思っていた。しかし、一方で祖父の秘密に触れることはタブーだった。

第二次世界大戦中、祖父の乗っていた商船は魚雷を受けて沈没した。祖父は大やけどを負ったが、一命を取り留めた。ぼくが知っているのはそれだけ。

そこで祖父にどんなことがあったのか。

12歳になったときの夏休みのこと。

祖父は船が沈んだ時の話をマイケルにそっと語りだした。

戦争が祖父から奪ったものはなにか。

多くの本から戦争のことを学ぶことはできるが、マイケルは祖父の悲しみに直接触れることでその深さを知る。

小さな絵本ですが、よみきかせするには少し長い内容です。

小学校高学年から中学生に、手に取って読んで欲しい本。

著者のマイケル・モーパーゴは1943年、イギリス・ハートフォード州生まれ。小学校教師を経て作家になり、多くの児童文学小説を発表しています。

第一次世界大戦を舞台に描いた作品も多く『戦火の馬』や『兵士ピースフル』は中学生・高校生にも読んで欲しい本。

本をチェックする

中学生・高校生に読んで欲しい海外の戦争小説をまとめています。

中学生、高校生にぜひ読んで欲しい海外の戦争小説をまとめました。

よみきかせなどにもおすすめの戦争について知る絵本ならこちら。

10代に読んで欲しい【戦争】をテーマにした海外の絵本を紹介します。よみきかせにもおすすめ。戦争のことをもっと知るきっかけにもなるといいですね。