美しき辞書編纂の世界~三浦しをん【舟を編む】

仕事

ひとことでいうと辞書編纂に人生をかけた男たちのロマンの物語を、コミカルさをスパイスに加え、へらべったく伸ばしてクッキーに焼き上げてみました、という感じ。紅茶でもそえて、さくっと軽く召し上がれます。
辞書編纂などという仰々しく堅苦しい一大事業を、クッキーというちょいとつまめるお楽しみおやつの如く、薄く軽やかに書き上げ、しかもバターのコクはきっちり残す満足感。三浦しをんにしか出来ないだろうなぁと感心させられる。
本好きが食いつく題材、確かな文章力、程よい読みやすさ、本屋さんたちが選ぶ本屋大賞にピッタリの作品です。

(P71)どれだけ言葉を集めても、解釈し定義づけをしても、辞書に本当の意味での完成はない。1冊の辞書にまとめることができたと思ったっ瞬間に、再び言葉は捕獲できない蠢きとなって、すり抜け、形を変えていってしまう。辞書づくりに携わったものたちの労力と情熱を軽やかに笑い飛ばし、もういちどちゃんとつかまえてごらんと挑発するかのように。

辞書好きさん以外の人には、たかが辞書になにをそこまで、と鼻で笑われそうなところだが。文章だけ読んだら、まるで「愛」のようではないですか。(本書でも愛の定義については、悩める解釈が書かれているが)この本は丸ごと、まさに辞書への愛が描かれています。

本屋大賞受賞作というのもうなづける。

文字が好き、紙のページをめくるのが好き、言葉の妙が好き、ただ読むのが好きな「本好き」たちが集う書店の中で、「辞書好き」の密度はおそらく濃いだろう。そんな辞書好きたちなら荒木が辞書に惹かれる幼少期を綴った、最初の数ページに心をわしづかみにされた私の気持ちがわかるはず。

辞書で引いた意味に書かれた言葉をまた辞書で引く。「それ、わたしもやった~」「わかる」という人も多いはず。そういうわたしも、まさに。

本好きで、辞書好きを匂わせる女流作家・三浦しをんさんらしい着眼点。

辞書で調べた言葉の意味を捕えて理解することはできても、モノにするのは難しいもの。力のある作家さんは、ことばを言葉としてのみならず、そこに自身の匂いのようなものを織り込んでいく。同じ言葉でも、その作家さんが使うと他の作家さんの書物で読むのと違う、その人だけの言葉になるの。三浦しをんさんはそんな作家さん。

ちなみに、私の相棒は「広辞苑 第5版」

取材に時間をかける三浦さん、きっとこの本に関してもきっとたくさん取材を重ねたことと思います。あえて読みやすくまとめ、削った内容も無くさんあるのではないだろうか。だって、もっと読みたいもの。

おすすめポイント

BOOKS雨だれ 中学生・高校生におすすめ
BOOKS雨だれ おしごと小説
BOOKS雨だれ 本好きにおすすめ
BOOKS雨だれ 2012年本屋大賞 大賞受賞
BOOKS雨だれ 映画「舟を編む」原作
BOOKS雨だれ 国語入試問題に出典された小説

国語入試問題に出典

BOOKS雨だれ 2012年愛媛県度高校入試出典作品

2012年全国公立高校入試問題【国語】出典された小説まとめ。

映画・アニメ原作


主演:松田龍平、宮崎あおい
映画「舟を編む」公式サイト


アニメ「舟を編む」公式サイト

スポンサーリンク

フォローする