コルネーリア・フンケ 『どろぼうの神様』

どろぼうの神さま
高学年から中学生におすすめ
ドイツのファンタジー小説
チューリヒ児童文学賞受賞・ウィーン児童文学賞受賞
スポンサーリンク

孤児たちのどろぼう

(内容紹介)12歳の少年プロスパーと5歳になる弟のボーは、読書好きの少女ヴェスペやその仲間たちと、廃墟となった映画館で暮らしていた。兄弟は、2人を引き離そうとする伯母夫婦から逃れるため、ヴェネチアまで家出してきたのだ。そんな身寄りのない子どもたちのリーダーは「どろぼうの神さま」と呼ばれる少年スキピオ。スキピオは、金持ちの家や美術館に忍びこんでは、高価な品々を盗み出す怪盗だ。しかし、伯母夫婦から依頼を受けた探偵ヴィクトールの出現によって、子どもたちの生活に、少しずつ変化が訪れる。


画像リンク:楽天ショップ

孤児の少年たちの暮らしは大変そうだけれど、楽しそうです。「どろぼうの神様」と呼ばれる少年抜きで最後の仕事をするはずだったのが、物語は思いがけないファンタジックな展開に。ちょっと長めですが、少年たちの友情物語も読みごたえがあります。

ブックデータ

受賞歴など

チューリヒ児童文学賞受賞

ウィーン児童文学賞受賞

国語教科書で紹介

BOOKS雨だれ三省堂中学2年生国語教科書

この本もおすすめです

ジェラルディン マコーリアン『不思議を売る男』
【小学校高学年から中学生におすすめの本】売れない古道具屋にやってきた緑の衣装に身を包む奇妙な男・MCCバークシャー。彼は古道具にまつわる不思議な話を生まれて…。
イアン・ベック『盗まれたおとぎ話~少年冒険家トム』
【小学校高学年から中学生におすすめの本】おとぎばなしのようなファンタジーの世界に憧れる!という人におすすめしたいのが、イアン・ベックの『盗まれたおとぎ話』。おとぎばなしも、結構大変なのよ。

コメント