『箱庭図書館』~乙一が描く、乙一っぽい物語たち

乙一『箱庭図書館』

  • 中高生におすすめ短編集
  • リメイク小説
  • ふしぎな物語が好きな人に
スポンサーリンク

「物語を紡ぐ町」の短編集

*もくじ*

小説家のつくり方/コンビニ日和!/青春絶縁体/ワンダーランド/王国の旗/ホワイト・ステップ

***

この町の名前は文善寺(ぶんぜんじ)町。キャッチコピーは【物語を紡ぐ町】。この町には市立図書館があり、小説家がくらし、コンビニ強盗が出没し、異常殺人者もやってくる。クラスに溶け込めない高校生たちがいる。本が好きすぎてもう少しで凍死してしまいそうな女の子がいる。文善寺町にまつわる人たちの、ちょっとねじれている小さな6つの物語。

BOOKS雨だれ 小説家のつくり方

「わたしが小説を書くようになった経緯(いきさつ)について書いてみようとおもう。」きっかけは、学級日誌だった。語り口があまりにも自然すぎて、乙一さんのエッセイかと勘違いするほど。

BOOKS雨だれ コンビニ日和!

閉店間際のコンビニに強盗がやってくる。僕と島中さんは、強盗に穏便に帰ってもらおうとするのだが…。伊坂幸太郎さんの物語にありそうな展開で、笑えます。

BOOKS雨だれ 青春絶縁体

教室というコミュニティになじめない、イケてない僕。文芸部の小山雨季子先輩とだけは、打ち解けることができるのだった…。中田永一っぽいきゅんとせつない青春短編。

BOOKS雨だれ ワンダーランド

ひろった鍵に合う鍵穴を探して町中を歩き回る男の子が、ある日、見つけてしまったものは…。乙一さんらしいストーリー。

BOOKS雨だれ 王国の旗

退屈な学校を抜け出し、目に付いた車のトランクに乗り込んだ女子高生。トランクで昼寝をしているうちに、どこかにたどり着き…。夜のあいだ、閉店したボーリング場に集まって自分たちの王国でくらす子どもたちのお話。恩田陸さんっぽい。

BOOKS雨だれ ホワイト・ステップ

町中が雪に包まれた朝。真っ白い雪面のなかに残されたひとつだけの足跡。まるで透明人間のように足跡だけしか見えないふたりのパラレルストーリー。乙一さんの「暗い所で待ち合わせ」っぽい。

***

全編を通して登場する、図書館勤務の潮音さんがいい味付けをしてくれてます。三度の飯より睡眠より本が好き、凍死するまで読み続けるタイプ。真冬のバス停で頭に雪をのっけたまま、一晩中本を読み続けるくらいなんですから。そんな人めったにいないだろうけど。彼女の本好きっぷりに、共感しながらも、さすがにそこまでは読めません<(_ _)>本好きさんにもおすすめです。

オツイチ小説再生工房

これらの物語は、乙一の完全オリジナルではありません。

集英社のWEB文芸【RENZABURO】の「オツイチ小説再生工場」からうまれたもので、読者のボツ原稿を乙一がリメイクするという企画から生まれた物語。
どうりで「っぽい」という感想ばかりになるはずだ、と自分の感覚に妙に納得。
乙一が描く、乙一っぽい物語たち。

あとがきでは、乙一さんがそれぞれオリジナル小説をどのように調理したのか解説してくれています。

また、書籍化にあたり本のタイトルもTwitterで募集。【ゆーまさん】の考えてくれた「箱庭図書館」というすてきなタイトルが生まれました。

一般の方と作家のコラボ小説という企画も楽しいですね。

著者・乙一

1978年10月21日生まれ。福岡県出身。1996年、17歳の時に『夏と花火と私の死体』が第6回ジャンプ小説大賞を受賞し、デビュー。ライトノベル系の小説が多いが、『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞を受賞するなど、ミステリー作家としても活躍。乙一とは別の名前でも小説を発表していますよ。よかったら探してみてね。

この本もおすすめです

作家・乙一の絶対に読みたいおすすめ本8冊!
ミステリー、ホラー、青春小説…謎めいたストーリーと驚きの展開で読者を物語に惹きつける魅力的な作家・乙一ファンの私が選ぶ、10代にぜひ読んで欲しいおすすめを紹介!

 

コメント