青柳碧人『浜村渚の計算ノート』~数学テロVS数学少女

青柳碧人『浜村渚の数学ノート』
スポンサーリンク
  • 天才数学者・高木源一郎VS数学大好き少女・浜村渚(中2)の数学対決!!
  • 数学がもっと身近になる!謎解き数学ミステリー
  • 第3回「講談社Birth」小説部門大賞

あらすじ

天才数学者・高木源一郎を主導者としたテロ組織「ドクター・ピタゴラス」は、日本国民を人質にした大規模な数学テロをはじめた。

高木源一郎の要求は、ただひとつ。

「義務教育における数学の地位向上」

急増する少年犯罪の原因が教育内容にあるという論文が発表され、文部科学省は小中学校における教育内容を一新。心を伸ばす教科が重視され、理科や数学などの科目は大幅に減らされた。

「数学の価値をもう一度見直してほしい」

高木の思いとはうらはらに、数学教育は「殺人鬼を育てる学問」として学校教育から完全に排除された。

一年後、長野県のとあるマンションでひとりの男が絞殺死体で発見された。現場に残されたカードには、二枚の三角定規をかたどったシンボルマークが記されていた。

これが「ドクター・ピタゴラス」連続テロ事件の幕開けだった。

無作為に選ばれているように思われる事件の被害者たちにどんなルールがあるのか。

警視庁に設置された「黒い三角定規・特別対策本部」が、テロに対抗するため探し出したのはであ中学2年生の数学大得意少女・浜村渚。

彼女は、おもむろに地図を広げると蛍光マーカーで色を塗り始めた。

天才数学者が次々と起こす難問に数学少女・浜村渚は立ち向かい、日本を救うことができるのか!?そして、日本の数学教育はどうなるのか!?

中学生に絶対おすすめしたい新感覚の数学謎解きミステリー。

おすすめポイント

数学が苦手な人も楽しめる

数学が好きな人はもちろん、数学が苦手な人にもおすすめしたいシリーズです。

数学と言えば公式や複雑な計算を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、それは数学のひとつの面にすぎません。この小説の中には難しい計算は出てきません。

渚が最初に取り組む事件は、地図と蛍光ペンを使って解決しちゃうしね。数学の中で重要な数字である「0」についてわかりやすく教えてくれたり、どこまでも割り切れない円周率の奥深い魅力について語られています。

数学の知識がなくても、楽しめる内容です。

中学生に楽しい数学を

青柳碧人『浜村渚の計算ノート』もくじ

本当の意味での初心者向けであり、かつ数学への愛に満ち溢れており、できれば読んでいるうち数学の知識が身につく作品が読みたい!!

著者の青柳碧人さんは、こんな思いをこめてこの小説を書き始めました。

また、中学生から「数学の勉強にどんな意味があるのか」と尋ねられたことも、この本を書くきかっけとなったそうです。

もくじも数学好きなら「おっ!」と思わせる遊び心がありますよね。数学がわからない人も「これなんだろう?」と思わせる楽しさがあります。

「この国の子どもたちに、もう一度、楽しい数学を」

天才数学者・高木源一郎がテロの犯行予告の中で語るこの言葉に、著者がこの本に込めた思いがあらわれています。読み終えたあっとは、数学がうんと身近に感じられるはず。

朝読書にもおすすめ

『浜村渚の計算ノート』は、(株)トーハンが毎年行っている朝の読書人気本ランキング中学生の部で3年連続ランクインしている、朝読書の人気本です。

数学をテーマにしたミステリーは、学習に向けての切り替えと集中力のための読書本としてぴったり。

朝読書の人気本ランキングはこちらでチェック。

本をチェックする

第3回「講談社Birth」小説部門大賞受賞

ゆう
ゆう

数学が好きならこちらもおすすめ

  

ゆう
ゆう

『浜村渚の計算ノート』が面白かったらこちらもおすすめ

和田秀樹『受験のシンデレラ』~目指せ!マイナスからの東大合格
【中学生・高校生の受験生におすすめの本】勉強を頑張りたい人に。
YA文学
スポンサーリンク
**フォローする**
ブックス雨だれ店主
ゆう

好きなこと:本を読むこと、食べること。
苦手なこと:そうじ
学校図書館あちこち。
ブックカフェを開くのが夢です。

**フォローする**
*Amazonで賢くポイントを貯めよう*

Amazonで賢くお買い物!
チャージタイプのギフト券なら現金チャージでポイントもたまります。
Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
BOOKS 雨だれ

本の感想おすすめレビューをお待ちしています