松本 祐子【8分音符のプレリュード】

課題図書 | 音楽

はんぶんあらすじ&レビュー

果南は中学2年生。吹奏楽部に所属し、クラスでは学級委員をしている優等生。果南のクラスに転校してきた透子。学級委員として透子を気遣う果南だが、クラスにまったく馴染もうとせず人を寄せ付けない透子。天才ピアニストと呼ばれていた透子は、指のケガが原因でピアノをあきらめ、この学校に転校してきたのだった。

ふたりともプライドが高い、のだと思う。「できない」自分をうまく受け止められずにもがいている。果南は天才と呼ばれる透子に憧れと嫉妬の気持ちを抱き、心が揺れるのだが、その果南の姿に心を動かされるのが透子だったりします。

ふたりの女の子が音楽を通じて見せる友情の行方は…。

おすすめポイント

BOOKS雨だれ 小学校高学年から中学生におすすめ
BOOKS雨だれ 女の子におすすめ
BOOKS雨だれ 吹奏楽・音楽をテーマにした小説

BOOKS雨だれ 【2009年】第55回全国青少年読書感想文コンクール課題図書(中学校の部)