柚木麻子『本屋さんのダイアナ』~本が好きなすべての女子に捧ぐ!

『本屋さんのダイアナ』
本好きなふたりの女の子の物語
第151回直木賞候補
2015年本屋大賞ノミネート
スポンサーリンク

 ダイアナと彩子、女の子の友情

ファッション誌やアイドルの話題が華とされる女子の中で、読書などという地味な趣味を全面に出すのは「私を放っておいてください」と言っているようなものだ。

華やかな女子グループでうまくやりたければ、読書の趣味は外では封印しておくべきだし、一匹オオカミになりたければ「私、休み時間も読書してますから」というオーラーを放っておけばよい。

本好き女子は、たいがい孤独である。本の素晴らしさを分かち合える友達(女子)を見つけるのは奇跡に近い。

ダイアナは自分の名前が嫌いだった。

大きな目に金髪の髪、純粋な日本人なのに、名前は八島ダイアナ。

よりによって漢字で大穴、と書く。

競馬が大好きなパパが世界一ラッキーな女の子になるようにつけてくれたらしい。

ダイアナは、本が好きだった。

そんなダイアナの名前を『赤毛のアン』の親友と同じだと言ってくれた女の子がいた。

神崎彩子ちゃん。

本が好きなふたりは意気投合して、すぐに仲良しになった。

お互いに憧れ、お互いのことが大好きなふたりだったが、あるすれ違いから仲違いしてしまう。

そのまま別々の中学・高校へと進み、ふたりの人生は全く違うものとなる。

思うようにいかず、孤独を感じながらも本に支えられるダイアナ。

才能にあふれ恵まれた環境にいながらどこか満たされない彩子。

ふたりが再会した時、自分は本当の孤独ではなかったと気づいたはず。ずっと隣にあった「本」は孤独の象徴であると共に、お互いの存在を示すものであったことに気づくのだ。

ダイアナにとって彩子が。

彩子にとってダイアナが。

孤独であり、友達であり、唯一であり、お互いである。

そこにただ本があったように。

おすすめポイント

第151回直木賞候補作
2015年本屋大賞第4位

公立国語入試問題に出典

【2015年】鳥取県

私立中学校国語入試問題に出典

【2016年】駒込中学校

 

あなたにおすすめブックリスト

コメント