森越 智子【生きる 劉連仁の物語】

平和 | 課題図書

おすすめポイント

中学生に読んで欲しい

小学校高学年から読めます

戦争・平和について考える本

ノンフィクション小説

読書感想文にも

はんぶんあらすじ&レビュー

第二次世界大戦下の1944年9月。この物語の主人公・劉連仁は、故郷中国から日本軍により強制的に日本へと連行されてきました。劉連仁だけではありません。同じように多くの中国人が理由もなく反発することも許されず、家族と引き離され遠く海を隔てた国へと連れてこられます。

さらに、北海道へ連行された劉連仁たちは、そこで苛酷な炭鉱労働を強いられます。肉体的にキツイだけでなく、それはとても危険な仕事でした。多くの仲間が家族に会いたいと言いながら次々と亡くなりました。鬼のように怖い日本人監督の姿を、劉連仁は少し不思議な気持ちでみていました。この人にも自分たちと同じように家族がいるはずだ、なぜこんなひどいことができるのだろう。劉連仁は、それを戦争の怖さだと感じます。

このままでは、殺されてしまう。ある日、劉連仁は炭鉱からの逃亡を決意します。終戦までのこりわずかのことでした。しかし、この時はだれも戦争がもうすぐ終わるなどということを知らなかったのです。

これは、実際にあった劉連仁の数奇な人生を描いたノンフィクションノベルです。小学校高学年から読めます。たくさんの人に読んで欲しい1冊です。

受賞歴など

第62回全国青少年読書感想文コンクール課題図書(中学校の部)

↓そのほかの読書感想文課題図書をチェックする

「課題図書」の記事一覧です。