【作家・乾ルカ】おすすめの本はこれ!

作家・乾ルカおすすめの本はこれ

ミステリーからスポーツ小説、直木賞候補作から国語入試問題によく出典される児童書まで、幅広いジャンルで次々と作品を発表している乾ルカさん。いま注目して、追いかけている作家さんです。
乾ルカさんは、2006年に短編「夏光」でデビュー。こちらは第86回オール讀物新人賞受賞。『あの日にかえりたい』は直木賞にもノミネートされました。

彼女の描く作品は、ほんのりと優しい気持ちになったり、厳しい現実に心ひきしまる思いがしたり、さまざまな感情を引き出します。
これから読んでみたい作品もたくさんあるのですが、読了した作品からおすすめを紹介します。

スポンサーリンク

乾ルカおすすめの本

願いながら、祈りながら

願いながら、祈りながら (徳間文庫)
乾 ルカ
¥ 702(2019/06/09 12:05時点)

中学生におすすめ。小学校高学年から読めます。北国のまんなかにある5人だけの小さな分校。ここに通う5人の中学生たちの連作短編。国語入試問題にもよく出典されている小説です。

森に願いを

森に願いを
乾 ルカ
¥ 1,620(2019/06/14 19:23時点)

中学生から大人までおすすめです。ほっこりします。

街の中に広がる広大な森。

いじめ、進学、就職、恋愛、不治の病……それぞれに人生の悩みを抱えた人たちが、誘われるように迷い込んだその森で、彼らが出会ったのは森番の青年。毎日に少し疲れている人に贈りたい物語。ほっこりさせて謎めいたライトミステリーです。

向かい風で飛べ!

向かい風で飛べ!
乾 ルカ
¥ 585(2019/06/14 19:23時点)

乾ルカさんの小説の中で、小学校高学年におすすめなのが『向かい風で飛べ!』

スキージャンプに青春をかけるふたりの少女を描く青春スポーツ小説。国語入試問題にもよく出典されている小説です。受験生でもないわたしでも、何度か模試でお目にかかっているくらいなので、どこかで読んだことがある受験生も多いのではないでしょうか。

プロを目指すからこそぶつかる壁、悩み、迷い、葛藤する心とその成長が伝わる物語です。児童書ですが、大人にも読んでほしいな。

あの日にかえりたい

あの日にかえりたい (実業之日本社文庫)
乾 ルカ
¥ 617(2019/06/14 19:23時点)

第143回直木賞ノミネート作品。いつか確かにあったはずの「あの日」にふと呼び止められるようなライトミステリー短編集。少し不思議で、読み終えた後ふと寂しくなるような、そんな小さな物語。わたしのはじめて読んだ乾ルカさんの作品。この本で乾ルカさんにひきこまれました。

奇縁七景

奇縁七景
乾 ルカ
¥ 1,620(2019/06/14 19:23時点)

乾ルカさんの不思議なライトミステリー短編集ならこちらもおすすめ。奇縁七景は、ひょんな出会いが人生に思わぬ波乱を呼び起こすような7つの物語。「虫が好かない」「目に入れても」などどこかで聞いたことのあるフレーズがタイトルとなり、物語が紡がれます。

これから読みたい注目作品

メグル

メグル (創元推理文庫)
乾 ルカ
¥ 670(2019/06/14 19:23時点)

内容(「BOOK」データベースより)

「あなたは行くべきよ。断らないでね」無表情ながら美しく、奇妙な迫力を持つH大学学生部の女性職員から、突然に声をかけられた学生たち。店舗商品の入れ替え作業や庭の手入れなど、簡単に思える仕事を、彼女が名指しで紹介してくるのはなぜだろう―。アルバイト先に足を運んだ学生たちに何がもたらされるのか、厄介事なのか、それとも奇蹟なのか?美しい余韻を残す連作集。

てふてふ荘へようこそ

てふてふ荘へようこそ (角川文庫)
乾 ルカ
¥ 637(2019/06/14 19:23時点)

敷金礼金なし、家賃はわずか月一万三千円、最初の1ヶ月は家賃をいただきません。破格の条件に隠された理由とは……特異な事情を抱えた住人たちが出会った奇跡。切なくもあったかい、おんぼろアパート物語。

ばくりや

ばくりや (文春文庫 い 78-3)
乾 ルカ
¥ 1(2019/06/14 19:25時点)

内容紹介

あなたの「能力」を誰かの「能力」と交換しますという文句に導かれ三波は「ばくりや」を訪ねたが――人々の悲喜劇を描く連作短篇集。

青い花は未来で眠る

青い花は未来で眠る (角川文庫)
乾 ルカ
¥ 821(2019/06/14 19:26時点)

内容紹介
私が生きていることに、意味はあるのかな。かつて自分をかばって姉を失った高校2年生の優香は、乗り込んだ修学旅行の飛行機でハイジャック事件に遭遇する。飛行機は不時着するが、生き残った乗客はわずかに5人。テロ事件の犯人は、見慣れない青い花を身につけた4人の美青年だった。謎を秘めたまま迫りくる彼らと対峙して、生きることに無気力だった優香は変わりはじめる―。少女が未来を切り拓く、鮮烈なSFサスペンス。

↓↓ほかの作家のおすすめ本もチェック↓↓

おすすめ作家
スポンサーリンク
**フォローする**
ブックス雨だれ店主
ゆう

好きなこと:本を読むこと、食べること。
苦手なこと:そうじ
学校図書館あちこち。
ブックカフェを開くのが夢です。

**フォローする**
*Amazonで賢くポイントを貯めよう*

Amazonで賢くお買い物!
チャージタイプのギフト券なら現金チャージでポイントもたまります。
Amazonで詳しく見る
人気本ランキング
森絵都『カラフル』

直木賞作家でもある森絵都さんのベストセラー小説。本選びに迷っている中学生にとりあえずわたしがすすめる本第1位。

和田秀樹『受験のシンデレラ』

精神科医であり、東大合格のためのゼミナールを運営するなど受験アドバイザーとしても活躍している和田秀樹さんが受験のノウハウをつめこんだ受験小説です。受験生におすすめの本としても紹介しています。

重松清『きみの友だち』

中学生を主人公にした小説を数多く手がけている人気作家・重松清さんの小説の中から、”友だち”をテーマにした連作短編です。重松清さんの小説はどれもおすすめです。

BOOKS 雨だれ

本の感想おすすめレビューをお待ちしています