日常に潜む狂気~辻村深月『鍵のない夢を見る』

辻村深月『鍵のない夢を見る』
 辻村深月さんの短編集
ミステリーというよりもサスペンス風
第147回直木賞受賞作
スポンサーリンク

*もくじ*

仁志野町の泥棒

石蕗南地区の放火

美弥谷団地の逃亡者

芹葉大学の夢と殺人

君本家の誘拐

狂気はすぐそばに

止めようも抗いようもなく、気づくと狂気は隣にいた。
自分がいた場所が少しずつおかしくなっていたのだろうか。
それとも、おかしいと気づかずにそこへ自分から入り込んだのだろうか。
いずれにしろ、自分が気が付かないうちにそういうことになっていたらしい。
狂っているのは外の世界か、自分の世界か。

りっちゃんのおかあさんは、泥棒だ。近所の家に入ってお金を盗む。まわりのみんなは知っていて、それを知らないふりをして暮らしている。りつこはその暗黙の了解のようなものに、どこか気味の悪さを感じている。(「仁志野町の泥棒」)

どの物語にもお尻がむずがゆいような居心地のわるさが漂う。

居心地の悪さを作り出す人、その空気に慣れてしまっている人、どちらをも見ている人、何も感じない人。

恋人や夫や友達や、時には子どもーすでに自分の生活の中に入り込んでいるものーが少しづつ狂気をはらみだしても、こちらは気が付かない。それどころか、その狂気にごく自然に含まれてしまう。

少しずつ霧が濃くなっても、視界をすべて遮られるまでは「大丈夫」であると思うかのように。

目に見えない微妙な変化にそれと気づかずに、その線を踏み越える人たちの心情がうまく描かれている。その線は、いったいどこにあったのか、読み終えてもわからない。

いずれにしろ、最後まで取り込まれている狂気に気づかない人はきっと幸せだ。

受賞歴など

BOOKS雨だれ第147回(2012年上半期)直木賞受賞作

BOOKS雨だれ短編「芹葉大学の夢と殺人」が第64回日本推理作家協会賞短編部門候補作

ドラマ原作

2013年WOWOW「連続ドラマW」にてドラマ放送。全5話。
出演:倉科カナ、成海璃子、木村多江、 高梨臨、原田 夏希

*辻村深月さんのおすすめ*

中学生・高校生に読んで欲しい!辻村深月さんのおすすめ本7冊
中学生・高校生にぜひ読んで欲しい辻村深月さんのおすすめを紹介します(*´ω`*)

コメント