森絵都『 風に舞いあがるビニールシート』~まっすぐに追い求める人たち

スポンサーリンク
  • 人生を充実させる「なにか」を追い求める人々のまっすぐさを描く
  • 森絵都の第135回直木賞受賞の短編集

わたしたちは「なにか」に生かされている。

そう感じることがある。

じぶんが「なにか」のために生きている。

「いま」は必然だと、迷わずに思う。

朝、目が覚めるととなりに恋人や家族がいて微笑んでくれる。

そんなゆるやかで穏やかな時間を投げ捨てても、自分がやらなければならないなにか。

時にそれは美濃焼であり、

すべては風に舞うビニールシートなのだ。

だれかにとっては、どうでもよいものかもしれない。大事なのは、自分にとって価値があるかどうか。

それこそが自分に課せられた宿命なのだと迷わずに言い切れる。

迷いのない人生などない。でも地に足をつけ確かに踏みしめるための土台がわたしたちには、必要だ。それが断固としたゆるぎない価値観。

そんな「なにか」に心当たりのある方も、そんな「なにか」をいまだ探し続けているあなたにもおすすめしたいこの1冊。

あらすじ

才能豊かなパティシエの気まぐれに奔走させられたり、犬のボランティアのために水商売のバイトをしたり、難民を保護し支援する国連機関で夫婦の愛のあり方に苦しんだり…。自分だけの価値観を守り、お金よりも大切な何かのために懸命に生きる人々を描いた6編。あたたかくて力強い、第135回直木賞受賞作。

**もくじ**

器をさがして/犬の散歩/守護神/鐘の音/ジェネレーションX/風に舞うビニールシート

*******

器をさがして

人気パティシエの伊形ヒロミの秘書をしている弥生。クリスマスイブの朝、ヒロミの命で美濃焼の器を求めて新幹線に飛び乗った。恋人の高典からのメールには〈僕かあの女か、どちらか選んでくれ〉

犬の散歩

恵利子は夫とふたりぐらしの専業主婦。犬の里親ボランティアのためにホステスの仕事をはじめた。そこまでしてボランティアをする恵利子にまわりは不思議な顔をするが「犬は、わたしにとっての牛丼なんです」という恵利子の心は・・・?

守護神

ニシナミユキは、知る人ぞ知る第二文学部の代筆の守護神である。フリーターをしながら大学へ通う裕介には、どうしても4年で卒業したい理由がある。ところが、昨年はニシナミユキに代筆を断られたのだ。今年こそ、なんとしてもニシナミユキに引き受けてもらおうと意気込み、裕介はニシナミユキのいる二〇八号室へ向かうのだが・・・。

鐘の音

不空羂索観音像・・・一面三眼八臂の木像、飛天光という光背を背負い、蓮華座に坐している。25年前に仏像修復師の修行中だった本島潔が手がけた最後の仕事だ。かつて大火事で本尊が焼け落ち、よその寺から客仏をもらってきたのだと言うが・・・。

ジェネレーションX

健一は小さな出版社に勤める40代。顧客のクレーム謝罪に一緒に向かうことになったのは、得意先の若手社員・石津。年長者の自分が運転する助手席で、私用電話を繰り返す若造に内心苛立たしさを感じながらも、会話の内容に耳をすまし…。

風に舞うビニールシート

難民を支援する国連機関で働く里佳は、エドと出会い恋をして結婚した。一年の大半を紛争地域ですごすエドとの結婚生活は、東京で待つ里佳にとって想像以上に疲弊するものだった。家族のぬくもりを与えたい里佳の思いとは裏腹に、エドの心をとらえていたのはいつも、「風に舞うビニールシート」だった。難民キャンプで見てきた景色、簡単に吹き飛ばされる人々の命や幸せ、それを救うことこそが、エドにとって唯一の使命だった…。

ゆう
ゆう

何度読み返しても、ぐっとくる物語です。森絵都さんの短編の中でもお気に入り。

おすすめポイント

第135回直木賞受賞作

ドラマ化放送

2009年、NHK土ドラ枠で全5回放送。

【主演】吹石一恵、クリス・ペプラー、吉沢悠ほか

著者プロフィール

森絵都(もりえと)

1968年生まれ、東京都出身。

早稲田大学第二文学部文学言語系専修卒業。1990年『リズム』で講談社児童文学新人賞を受賞し、デビュー。『カラフル』をはじめ、数々の児童文学を発表。2006年『風に舞いあがるビニールシート』で直木賞受賞。

【主な受賞歴】

『リズム』第31回講談社児童文学新人賞

『カラフル』第46回産経児童出版文化賞

『風に舞いあがるビニールシート』第135回直木賞

『みかづき』第12回中央公論文芸賞

【作家・森絵都】10代に読んで欲しいおすすめの本はこれ!
『リズム』でデビュー。『宇宙のみましご』『カラフル』『DIVE!!』など10代を主人公にした作品で数多くの文学賞を受賞している人気の児童文学作家・森絵都さんの作品から、10代におすすめしたい10冊を選びました。

森絵都の本をチェックする

本をチェックする

ゆう
ゆう

『風に舞うビニールシート』がおもしろかったらこちらもおすすめです。

角田光代『さがしもの』
中学生・高校生・本好きにおすすめしたい 通学や朝読書にぴったりの短編集 国語入試問題によく出る本 本が好き...
中田 永一が描く切ない5つの恋の物語『吉祥寺の朝日奈くん』
くすりと笑えてきゅんと切ない中田永一さんの恋愛短編集 あらすじ *もくじ* 交換日記はじめました/ラクガキをめぐる冒険/三角形はこ...
一般小説
スポンサーリンク
**フォローする**
ブックス雨だれ店主
ゆう

好きなこと:本を読むこと、食べること。
苦手なこと:そうじ
学校図書館あちこち。
ブックカフェを開くのが夢です。

**フォローする**
*Amazonで賢くポイントを貯めよう*

Amazonで賢くお買い物!
チャージタイプのギフト券なら現金チャージでポイントもたまります。
Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
BOOKS 雨だれ

本の感想おすすめレビューをお待ちしています