荒れ地をひとりでよみがえらせる~ジャン・ジオノ【木を植えた男】

平和 | 教科書 | 映画 | 自然

フランスの作家ジャン・ジオノによる、静かで力強い物語絵本「木を植えた男」を紹介します。

おすすめポイント

BOOKS雨だれ小学校高学年から中学生におすすめ

BOOKS雨だれ高校生・大人にも年齢問わずおすすめ

BOOKS雨だれすぐ読める短いおはなし

BOOKS雨だれ朝読書や読書感想文にもおすすめ

BOOKS雨だれ贈り物にもおすすめ

BOOKS雨だれ大型絵本のほかに黒井健さんのイラストによるあすなろセレクションも。

はんぶんあらすじ&レビュー

旅に出た主人公がたどり着いたのは、かつて戦場となった荒れ果てた土地。そこでどんぐりを植えているひとりの男と出会います。以前は森が広がっていたというその荒野に、緑を取り戻そうとたったひとりで荒野を歩き回る男。

どんぐりはやがて立派なカシワの木となり、荒れ地に緑をよみがえらせていく__。ひとりの男の半生を描いたノンフィクションのような物語。

戦争は一瞬でたくさんのものを奪い、失ったものはもう簡単には取り戻せません。物語は、最後に緑を取り戻しますが、戦争のむなしさが心に残ります。

木を植えた男は実在したか?

主人公は旅先で、荒れ地にひとつひとつどんぐりを植えて森を作ろうとする男と出会います。物語のような曖昧さと、現実のできごとのような説得力のようなものがあり、フィクションなのかノンフィクションなのかわからない不思議さがあります。

果たして、物語に登場する男「エルゼアール・ブラィエ」は実在するのでしょうか?その答えとなる、この物語に関する面白いエピソードがあります。

この作品は、ジャン・ジオノがアメリカの出版社から依頼を受けて書かれたもので、テーマは「これまでに出会った、いちばん忘れがたい人物」について。そうして出来上がった作品を読み、編集者はこの人物が実在したのかどうかを調べます。

編集者が注目したのは、物語の終わりに書かれたこの文章。

「一九四七年、エルゼアール・ブラィエはバノンの養老院において、やすらかにその生涯を閉じた」

編集者が調べたところ、そのような事実はなかった。実在の人物についての原稿を依頼した出版社は、約束と違うとこの原稿をジオノに送り返しました。その後、ジオノはこの作品の著作権を放棄し広く公開したところ、この作品が「ヴォーグ誌」の目に留まり、1954年にヴォーグ誌で掲載されたことをきっかけに、世界中で読まれる作品となります。

現在では20か国語以上に翻訳され、フレデリック・バックによってアニメーション映画化もされました。

フランス文学作家・ジャン・ジオノ

ジャン・ジオノは20世紀のフランス文学を代表する作家である。16歳で銀行員として働き、第二次世界大戦中には、徴兵制度への反対運動で逮捕されるという経歴を持つ。戦争に反対する強い姿勢は、この物語にも反映されている。

最後に、感性について語るジオノのこんな言葉を紹介したい。

「感性とは、ばたに湧き出た泉のようなものだ。それを飲まぬ者は永久にのどの渇きを癒せないだろうし、それを飲むものは自分という作品を心ゆくまで仕上げることになるだろう」

国語教科書で紹介

BOOKS雨だれ三省堂中学2年生国語教科書

BOOKS雨だれ「木を植えた人」が東京書籍中学2年生国語教科書で紹介

映画原作

ジャン・ジオノの死後1987年にフレデリック・バックによってアニメーション映画化される。アカデミー賞アニメーション短編映画賞ほか、多数受賞。