小学校高学年に読んで欲しい【いじめ】をテーマにした物語

いじめ | 高学年

突然ですが、みなさんは【いじめ】が好きですか?

好きという人やよくわからないという人は、もしも自分がいじめられたとしたら、どうだろう?きっと毎日学校に来るのが楽しくないって思うはず。

ところでみなさんの教室では【いじめ】がありますか?えっ?あるの?それは、大変ですね。だって、そんな教室、だれも好きじゃないでしょう。私だったら登校拒否しちゃうな。

できれば【いじめ】をなくしたいと考えているあなたに、解決するヒントになる本を紹介します。

ここで紹介するのは【いじめ】があるクラスばかり。困っちゃうよね(*´Д`)

みんな嫌いだし、よくないことだとわかっているけれど、なかなかなくならない【いじめ】。どうしたらいじめがなくなるのでしょう?【いじめ】についてみんなで考えてみませんか。

中学生・高校生向けのいじめをテーマにした本は、こちらにまとめています。

いじめについて考えることは、自分について考えることです。みんなで考えて欲しいから、中学生から読んで欲しい【いじめ】をテーマにした小説を紹介します。

福田隆浩『ブルーとオレンジ』

高学年におすすめの本。ごくごくふつうの小学5年生の男の子ブルーと、ごくごくふつうにしたいと思う女の子オレンジ。クラスメイトのふたりがクラスの中で、いじめがはじまりそうな雰囲気に立ち向かいます。

いじめって嫌い。いじめのある教室の雰囲気ってなんだがピリピリしていて嫌ですよね。この本に出てくるふたりの主人公も同じです。男の子・ブルーと女の子・オレンジ。仮の名前です。ふたりはごくふつうの小学5年生。クラスメイトです。クラスの中になんとなく漂う力関係を「なんだか面倒くさいなぁ」と思っています。大丈夫、それはすごくふつうでまともな感覚です。ごくふつうに平和に過ごしたいと思っているのですが、教室の中に”いじめ”が始まりそうなあのいや~な雰囲気が漂いはじめます。敏感なふたりは、いち早くキャッチしてしまうのです。できるだけ面倒なことに関わりたくないなぁと考えているふたりですが、さて、ふたりはどんな行動を取るのでしょうか。最後はスカっとできまる物語。

岩瀬成子『きみは知らないほうがいい』

教室にうまくなじめないと感じる人は、実は少なくない。岩瀬成子さんの『きみは知らないほうがいい』は「それでいいんだよ」と言ってくれるような物語。

ここのクラスも、なんとな~く嫌な感じなんです。主人公の米利(めり)は、5年生の時学校に行けなくなったことがあるという女の子。みんなの中にいると、気遣いしすぎて疲れたり、教室にうまくなじめないって感じています。そんな米利は、6年生になり転校してきた昼間(ひるま)くんのことがなんだか気にかかります。教室の中で少し浮いている昼間くんに自分を少し重ねているのかもしれません。ある日、米利はバスの中で昼間くんに会います。どこへ出かけるのか尋ねた米利に昼間くんはこう言いました「きみは知らないほうがいい」。すこし謎めいている言葉ですね。昼間くんは何が言いたかったのか。米利はこっそり後をつけます…。うまくクラスに馴染めない、という人に読んでみて欲しいです。

重松清『星のかけら』

重松清さんの小学生にもおすすめの小説です。

6年生のユウキは学校でも塾でもいじめにあっています。切なすぎます(T_T)ある日、塾の友だちのマサヤから「星のかけら」の伝説を教えてもらいます。それを持っていると、嫌なことやキツいことがあっても耐えられるお守りだという「星のかけら」を、ふたりは探すことにします。それがあればいじめに立ち向かえそうな気がするからです。いじめをやめて!となかなか言えないのは当然。だって相手は意地悪な人なんだもの。さて、ユウキはいじめに立ち向かう勇気を手に入れることができるのでしょうか…。

エレナー・エスティス『百まいのドレス』

女の子同士って、ほかの子よりもちょっとだけ優位でいたいって思う生きもの。本当に求めているものが何なのか、自分自身もわかっていないことが多いのです。失ってから気づくことも…。

外国にも「いじめ」ってあるんですよ。特に女の子って難しいの。他の子よりも自分をちょっとすてきに見せたがたりしてね。「百まいドレスを持っている」と言ったワンダは貧しい移民の子であるために、意地悪な目にあいますが…。ちょっとした意地悪のつもりが「あんなことを言わなければよかった」と大きな後悔をすることもあります。いじめられたワンダも、そんなつもりじゃなかったまわりの子たちも、最後はみんな哀しい思いをします。もう一度、彼女に会って謝りたいと思っても、叶わないこともあるってことを忘れてはいけませんね。いじめをテーマにした物語ですが、イラストがとてもすてきだということも、ひとこと添えさせてね。

吉野万里子『赤の他人だったら、どんなによかったか。』

風雅は中学二年生。ある日、となり町で無差別殺傷事件が起こる。犯人はまもなく捕まったが、風雅のクラスでも毎日、その話題でもちきり。事件を面白がっていた風雅だったが、その犯人が自分と遠い親戚だと知る。そして、自分と同じ中学生の娘もいるのだという。夏休みが終わり、二学期最初の日、風雅のクラスに転校生がやってきて・・・。

となり町で起こった傷害事件の犯人が自分の親戚だったら?そしてその子どもが自分の学校に転校してきたとしたら、あなたはどうするでしょう?みんなが見ている前でその子に声をかけてあげられる?なかなか簡単には想像できないですよね。なにかのきっかけで自分の身内がなにかの容疑者になってしまうのは、あり得ない話ではない。その時、まわりの人たちはあなたにどんな反応をするでしょうか。じつは、これはいじめを解決するひとつのヒントにもなります。本を読んであなたなりに考えてみてね。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーリンク