10代におすすめクリスマスに読みたい本

0

【クリスマス】を舞台にした小説やクリスマスが出てくる物語を集めました。ミステリーやサンタクロースの騒動を描いたコミカルな物語など、クリスマスに読みたいおすすめの本を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

名作・絵本

ディケンズ『クリスマス・キャロル』

オーヘンリー『賢者のおくりもの』

妻へのクリスマスプレゼントを買うために、大切な時計を売った男でしたが…。相手を思う気持ちがあたたかい、オーヘンリーのクリスマス名作です。

ホフマン『くるみ割り人形』

クリスマス・イブの夜、プレゼントのくるみ割り人形がとても気に入ったクララでしたが、夜中に目を覚ますと、人形がねずみたちに襲われ…。バレエの演目や、ディズニーで映画化もされた話題作です。

ホフマン『クリスマスものがたり』

スイスの画家ホフマンが、クリスマスのはじまりであるキリスト降誕を描いた絵本です。

小説・物語

三秋縋『スターティングオーヴァー』

百田尚樹『輝く夜』

『永遠のゼロ』の百田尚樹さんによるクリスマス短編集。奇跡はみんなに起こる。

百田 尚樹『輝く夜』~クリスマスの夜に奇跡が起きる
クリスマスの夜に女性たちに起こった奇跡の物語。百田尚樹さんが描く短編『輝く夜に』

東野圭吾『サンタのおばさん』

サンタクロースってどうしておじいさんばかりなのでしょう。男女同権の時代、おばさんのサンタクロースがいたっていいじゃない。東野圭吾さんが描く、サンタ騒動記。

X’mas Stories:一年でいちばん奇跡が起きる日

奇跡の夜クリスマスになにかが起こる。クリスマスをテーマに人気作家たちが描くアンソロジー。 【作家】朝井リョウ、あさのあつこ、伊坂幸太郎、恩田陸、白川三兎、三浦しをん

ノンフィクション

『サンタクロースっているんでしょうか』

だれもが一度は抱いたことのあるこの疑問に、答えてくれた人がいます。100年前のアメリカで本当にあったおはなしです。

サンタクロースが届けてくれた心温まる物語

「世界中の子どもたちを笑顔に」というコンセプトの元、サンタ活動をしているNPO法人チャリティーサンタの活動をストーリーにした心あたたまる物語です。本書の印税はチャリティーサンタの活動運営費になります。この本を買うだけであなたもサンタになれるクリスマスにおすすめの1冊です。

火あぶりにされたサンタクロース

なぜクリスマスに贈り物を贈るのか?一九五二年、サルトルの依頼で寄稿された論文「火あぶりにされたサンタクロース」が巻き起こしたサンタ論争から、人類学者が現代社会におけるクリスマスプレゼントの意味を問う。

本の感想おすすめレビューをお待ちしています

BOOKS雨だれおすすめベスト

10代におすすめのブックサイト【BOOKS雨だれ】が選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。
 

BOOKS雨だれおすすめベスト

10代におすすめのブックサイト【BOOKS雨だれ】が選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。