煙突掃除夫として働くミラノの少年たちの物語~【黒い兄弟】

アニメ | 教科書

おすすめポイント

BOOKS雨だれ 高学年から中学生におすすめ
BOOKS雨だれ ドイツの児童文学
BOOKS雨だれ 1940年代を舞台にした小説
BOOKS雨だれ 国語教科書で紹介
BOOKS雨だれ アニメ「ロミオと青い空」の原案

はんぶんあらすじ&レビュー

1830年ころのイタリア・スイスを舞台にした、勇気と友情の物語。

ある日、イタリアの山奥の小さな村にほおにきずのある男がやってきた。男は貧しい家の子供たちをお金で買うのだという。ジョルジョは男に連れられて、他の子供たちと一緒に海を渡り、スイスに連れて行かれる。そこで厳しい煙突掃除夫として働かされるのだった。

厳しい仕事やひどい仕打ちに耐えながらも、希望をすてず、ジョルジュたちは、『黒い兄弟』という秘密結社を作り、村に帰るために戦うことを決意する。

小さな子どもたちが過酷な労働に耐える姿や、必死に故郷へ帰ろうとする姿に心を打たれます。実際に、イタリア・スイスで行われていたこのような人身売買は、今は法律で禁じられていますが、このような時代に育ち、苦難を乗り越えた子供たちのことを、忘れずにいたいですね。

『黒い兄弟』は、復刊ドットコムのリクエストにより、2002年にあすなろ書房より新装版が刊行されました。

著者リザ・テツナー

1894年ドイツ生まれ。

クルト・ヘルトと結婚後、ふたりは物語の語り部としてドイツの子どもたちにおはなしを伝える活動をします。ヘルマン・ヘッセに「現代最高のメルヘンの語り手」と評されました。

1933年、ヒトラーがドイツ政権を握ると夫婦でスイスに亡命。『67番地の子どもたち』『黒い兄弟』などを発表。

クルト・ヘルトも『赤毛のゾラ』を刊行。

国語教科書で紹介

BOOKS雨だれ 東京書籍中学2年生国語教科書

名作アニメ「ロミオと青い空」原作


1995年フジテレビ系列『世界名作劇場』にて「ロミオの青い空」のタイトルでアニメ放送されました。こちらの方がなじみがあるという人も多いかもしれませんね。