喜多川泰【「また必ず会おう」と誰もが言った。】

教科書 | | 映画 | 男子

おすすめポイント

BOOKS雨だれ 中学生・高校生におすすめ
BOOKS雨だれ 男子におすすめ
BOOKS雨だれ 普段はあまり本を読まない人にも
BOOKS雨だれ 通学や朝読書にもおすすめ

BOOKS雨だれ 国語教科書で紹介

BOOKS雨だれ 映画原作

はんぶんあらすじ&レビュー

かわいい彼女ができてディズニーランドでデートしちゃったとか、

そんなすぐにバレる嘘をついちゃうような

つい見栄を張ってしまう自分にとんでもなく嫌気がさしたなら、

そんな自分を変えようと決意したって、言うほど簡単にはいかないってことも、もう知ってるよね。

そんなあなたに必要なのは、今すぐ旅に出ること。

そんなことを言われても、お金もないし、学校だって休めないでしょ、というあなたにおすすめなのが、この本。

秋月和也は熊本県内の高校に通う17歳。

見栄を張りすぐバレるような嘘をついてしまったことから、ひとりディズニーランドにやってきた和也。

同級生たちだって、そんな嘘をだれも信じちゃいないのに、「ごめんなさい」で済ませられないのは、見栄っ張りな男の意地とプライド。親にも嘘をつきやってきた東京で、疑う同級生たちを納得させるための証拠を手に入れてほっと胸をなでおろしたのもつかの間、最終便の飛行機に乗り遅れてしまった和也は、その日のうちに熊本まで帰れなくなってしまう。

所持金は3400円しかない。

いくら日本は小さいと言ったって、東京~熊本間をその値段で移動できるわけがない。

頼れる人もいない空港の真ん中で、途方に暮れている和也の前に1人の天使が現れる。それは、空港内の土産物売場で働くおばさん(*´Д`)

このおばさんとの出会いから、和也の想定外の旅がはじまります。

行く先々で出会う人たちは、彼に助けの手を差し伸べるだけではなくて、人生を前向きに進むためのちょっとしたヒントをくれます。思いがけない出会いの旅から、彼は生きる上で大切なこととは何かを学んでいきます。(それには、見栄をはる必要なんてないということも)

ひとつの出会いから何かを学びとり、少し物事を見る目線を広げて、また次の出会いへ向かって進んでいく。人生は出会いと別れを繰り返し進む、旅のようなものなのです。

そして、思いもよらないところから出会いは降ってくるもの。

人生には、そういう楽しみがあります。
あなたが進むその先にも、案外、いい出会いが待っているかもしれないと期待させてくれるはず。

国語教科書で紹介

BOOKS雨だれ三省堂中学1年生国語教科書

映画原作

映画「また、必ず会おう」と誰もが言った。公式サイト

全国映画感想文コンクール2014年度推薦作品

監督:古厩智之

出演:佐野岳、杉田かおる、嶋田久作、そのほかのキャストも名脇役が揃っています。