中学生・高校生に読んで欲しい東日本大震災を描いた小説

社会 | 震災

東日本大震災「以降」という言葉をよく使うようになった。

言葉にしなくても、「震災以前は…」「あれ以降は…」と分けて考えることが多い。

現在わたしは、震災以前と同じような環境で暮らしている。

まったく同じような環境だが、わたし自身は、まったく別の生き物だと思う。

私だけでない。多くの人がそうだろう。

東日本大震災が私たちに大きな変化を与えたのは事実だ。直接の被災した人もそうでない人も、だれもが嘆き、戸惑い、いまも多分、迷いの中にいる。

作家たちもまた、自分たちを襲ったこの衝撃をどう受け止めていいのか迷ったに違いない。彼らは迷いを言葉と物語でつづる。そうして震災以降、多くの小説が生まれた。

その中から、おすすめをいくつか紹介します。

※この ページは随時更新しています。

川原れん『ナインデイズ』

2011年3月11日、大きな地震が東北を襲った。だれも経験したことのない恐怖と不安の中、助けを待つ人のもとへと懸命に走った人たちがいる。岩手県災害対策本部、震災発生直後からの怒涛の9日間を実際のできごとをもとにつづったノンフィクション小説。

2011年3月11日、これまでに経験したことのない大きな地震が東北を襲った。岩手県庁内にすぐに設置された災害対策本部。十分な燃料もない、確な情報もない。そんな中、ひとりでも多く苦しんでいる人を助けたい、と必死に救助する人たち。現地の混乱、行政の対応。震災からの激動の9日間をつづったノンフィクションノベル。これが、ただの小説だったらどんなにいいだろうと思った。

重松清『希望の地図3.11から始まる物語』

2011年3月11日におこった東日本大震災。フリーライター田村彰とひきこもり中学一年生のコンビがあの日以降の被災地の「いま」を取材して歩くドキュメントノベル。

引きこもりの中学生とフリーライターの男が、復興に向かう被災地を取材し歩くノンフィクションノベル。中学校国語教科書でもおすすめしている1冊。被災地で頑張っている企業やプロジェクトのルポにもなっています。

いとうせいこう『想像ラジオ』

中学生・高校生におすすめ。東日本震災により突然日常を奪われた人たちの声を届ける~いとうせいこうさんの『想像ラジオ』この電波があなたにも届きますように。

突然に日常を奪われた人たちの声を届け続けているラジオがあるという。
「海沿いの小さな町を見下ろす杉の木のてっぺんから、「想像」という電波を使ってお送りしている番組
想ー像ーラジオー。パーソナリティはDJアーク。」
三島由紀夫賞をはじめ、芥川賞候補にもあがったベストセラー作品。じんわりとしみてくる。

重松清『また次の春へ』

2011年3月11日、これまでに経験したことのない大きな地震が日本を襲った。たくさんの人がつらい思いをしていた。それをテレビの中でしか知らない自分、「大変そうだな」と思うしかできない自分は「これでいいのかな」と思う。そんな人は重松清さんの『また次の春へ』を読んでみて欲しい。

東日本大震災で戸惑っているのは、被災者だけではない。直接被害を受けていない自分たちに何ができるのか、何を求められているのか迷ったり、当たり前の生活を送れることに後ろめたさを感じてしまったり。ついそんなことを考えちゃう人に読んでほしい短編集。そんなことは必要ないという人もいるけれど、そんな風に一緒に迷ってくれる人の存在を、あたたかいと私は思う。

天童荒太『ムーンナイト・ダイバー』

震災から4年半。復興が進む中、当時のまま痕跡の残る町。海の底には、いまも波にさらわれたままの町が眠る。男は、だれも潜ることのできない危険なエリアに潜り、遺留品を拾い集める秘密の仕事を請け負っていた…。福島への鎮魂をつづる。

禁断の海に潜り、だれかの帰りを待つ人々の元へ思い出の品を探し届ける。止まった時間の中で漂う海に眠る町へ潜り続ける舟作もまた、何かを探していた。東日本大震災から4年、天童荒太が描いた福島。なにかを諦め、いまを受け入れていく。そんな簡単にはいかない、それでも自分の生き方と向かい会おうとする人々の再生の物語。

川上弘美『神様2011』

http://amada-re.com/kamisama2011/
東日本大震災を受けて新たに小説を書いた作家さんは多いけれど、これまでの作品を書き直しした作家さんは、彼女だけじゃないかしら。川上弘美さんは、自身のデビュー作『神様』から『神様2011』を書き上げた。震災以前と震災以降について私たちは考えるべきことがあるということ、そして憤りと悲しみが文学を通して語られている。

 濱野京子『石を抱くエイリアン』

これは、東日本大震災のあった年に中学三年生だった人たちの物語。阪神大震災と地下鉄サリン事件のあった年に生まれた彼ら。未来には希望がつまってると語る大人たちの声を半信半疑に、それでも明日は間違いなくやってくると疑わなかった。ふだんはあまり本を読まない人にもおすすめしたい児童書。

森絵都『漁師の愛人』

森絵都さんの短編集の中のひとつ「あの日以降」。

東京で共同生活を送っていた3人の女子。それなりに充実した毎日をなんとなく送っていたところに起こった東日本大震災。なにも変わらないはずだった生活に変化が現れる。森絵都さんは、福島での動物保護を取材したノンフィクション『おいで、一緒に行こう (文春文庫)』出版。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーリンク