宮部みゆき『火車』でカードローンについて学ぼう

宮部みゆき『火車』

 

  • 中学生・高校生・大人にもおすすめ
  • 宮部みゆきを代表するベストセラー
  • カードローンをめぐるミステリー
  • 新社会人のお祝いにもいいと思うよ
スポンサーリンク

カードローンを背景にしたミステリー

求職中の刑事・本間のともに、遠い親戚である和也が訪ねてきた。婚約者の関根彰子が突然姿を消したのだという。失踪した彰子には秘密があった…。宮部みゆきの代表作ともいえるベストセラーミステリー。

物語の舞台は平成3年。

本から引用するなら、東南アジアから来た女性が日本で働きたいがために日本人男性と偽装結婚するご時勢。

このミステリーの背景にあるのは、クレジットカードローン。


画像リンク:楽天ショップ

本著にも登場する、クレジットローン破産に詳しい専門家・溝口弁護士は
「クレジットカード破産は、ある意味では公害である」としている。

物語の中で溝口弁護士がお話し下さっている内容を平成24年度版に変換して、お話して頂くと…

「日本クレジット協会が行っている調査によると、回答のあった312社で、平成23年の消費者信用供与額は約59兆円。これは、国家予算規模である(国家予算は約92兆円)。もはや日本経済を支えているともいえる産業である。問題は、カードローン・キャッシングの便利さの一方、それに見合った教育がなされていないことである。」

なるほど、なるほど。

画像リンク:楽天ショップ

当時の時代背景にバブル崩壊があげられるが、この本に記載されているデータによると、平成元年、消費者信用新規供与額は約57兆円。その金額は平成24年度版とほぼ変わらない。

20年以上前の社会問題を捉えたミステリーだが、いま読んでも決して過去の悲劇とは言えない。スマートフォンの普及により、ネットショップの買い物もより身近になった。ひとりで何枚ものカードをもち、小学生ですらカードショッピングを認識している時代。ネット教育とともに、カードとの付き合い方をしっかり教育する必要もありそうだ。

簡単に作って使える便利さの裏に、カードローンには見えづらい怖さも潜んでいる。ひとまず、この本を読んで、カードローンのシステムやその怖さを疑似体験してみて。
これから社会に出ていく若者たちに、就職祝いにぜひ贈りたいおすすめの1冊。

受賞歴

◇第36回山本周五郎賞受賞

◇第108回直木賞候補

◇「このミステリーがすごい!」ベスト・オブ・ベスト第1位。

◇週刊文春ミステリーベスト10第1位

ドラマ化

1994年土曜ワイド劇場でテレビドラマ化

2011年ドラマスペシャルとしてドラマ化

主演は、川上隆也と佐々木希

2011年度版は、平均視聴率17%と高視聴率を獲得。

話題作がズラリと並んだ“土9”で「火車」が17%と高視聴率を記録! | テレビ・芸能ニュースならザテレビジョン

時代を経てドラマ化されても古さを感じさせない、現代の普遍的な社会問題テーマといえるのかもしれない。

みんなも気を付けてね。

また、韓国では「火車HELPLESS」のタイトルで映画化もされているそうです。

コメント