乾ルカ『向かい風で飛べ!』

スポーツ |

  • 小学校高学年から中学生におすすめ
  • スキージャンプを描いた青春小説
  • スポーツが好きな人、スポーツをやっている人に

向かい風は大きく飛ぶためのチャンス

「ジャンプ見ない?」

公務員を辞めて農業を継ぐー北海道沢北町の小学校へ転校してきた室井さつき。転校生などめったにいない田舎の小さな町の小学校で、クラスに馴染めずにいたさつきだったが、ある日、クラスメイトの小山内理子に声をかけられる。

「ジャンプ見ない?」と誘われたことを、漫画の「週刊ジャンプ」と勘違いしたさつきは、「ワンピース」を持って待ち合わせのスキー場へ←待ち合わせ場所がおかしいなって気づいて( *´艸`)

スキー場で行われていたジャンプの大会でテストジャンパーとして飛んだ理子のジャンプにさつきは魅入られた。

世界が一瞬無音になる。(中略)

人間は飛べやしないのに。

雲一つない青空を背負って、その人ははっきり飛んでいた。

力強く、美しく。

風に乗るように。

「さつきちゃん、一緒にジャンプやらない?」

理子は、町内では知らない人のいない期待の天才スキージャンパー。その理子に誘われて、ジャンプをはじめたさつきは、ジャンプの世界にのめりこむ。

理子の背中を追いかけ、ぐんぐん伸びてゆくさつき。

みんなが望む結果を出すためには「楽しい」を引き換えにしても無我夢中で頑張らなければならない。

理子が背負う、天才と呼ばれることへのプレッシャーと孤独。

危険と隣り合わせのスポーツであるという恐怖。

体の成長とともにぶち当たる不安やスランプ。

壁にぶつかりながらも、向かい風に向かって飛び立つ。

そのたびに、選手としてもひとりの人間としても成長してゆくふたりの少女のスキージャンプにかける青春小説!

スキージャンプを描くスポーツ青春小説

スポーツ小説は10代に人気のジャンルですが、ウィンタースポーツを描いた小説って実は少ないんです。陸上、サッカー、野球小説はたくさんあるけど。

スキージャンプ×女の子の組み合わせをテーマにした作品は、この本しかないかもしれない。

中学生でジュニアメンバーにも選ばれるほどの天才少女・理子には、いま活躍中の高梨沙羅ちゃんを重ねてしまいます。理子の美人で凛としたイメージにもぴったり。

小さいころからスポーツを続けている人なら感じたことのあるであろう、成長期の体の変化による不安やスランプ。物語の中でも、理子はその不安にぶちあたります。

そして、理子が抱える「強い選手になるために克服しなければならない弱点」とは…。

プロスポーツ選手を目指している!という人には特におすすめです。

スポーツをやっている人、ウィンタースポーツが好きな人など、10代向けの小説ですが、大人も楽しめますよ。スキージャンプに打ち込む理子やさつきを見守る大人たちの目線も温かく、(さつきのお母さんは危険なスポーツであることを理由に強く反対することもありますが)、スポーツ少年団などで子どもたちを支えているおうちの人にも、心に響くシーンがあると思います。

間もなく平昌オリンピックも開幕します。

K点、アプローチ、ランディングバーンなど、スキージャンプの専門用語この本を読めばばっちり。スキージャンプの応援がより楽しめるはず。

入試問題にも出典

中学校・高校のどちらにも、国語入試問題によく出典されている小説です。

いくつか問題文を読んだことがありますが、取り上げている場面によってはストーリーを知っているとすんなり答えられる問題もありますよ。ストーリーを知っていると登場人物たちの関係性に迷わなくていい、という利点も。

*高校*
2015年国語入試問題に出典

【茨城県】公立高校入試問題
【鹿児島県】公立高校公立高校入試問題

本をチェックする

乾ルカさんは、2006年に短編「夏光」でデビュー。(第86回オール讀物新人賞受賞)直木賞候補作家でもあります。近年、児童文学作品も発表し、入試問題にも出典されています。いま注目しているの作家さんです。中学生には『願いながら、祈りながら』もおすすめです。

北海道のまんなかにまるで奇跡のように、捨て置かれたように残る中学校の分校に赴任した新任教師と5人の中学生の物語。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーリンク