佐藤多佳子『夏から夏へ』~北京オリンピック陸上日本代表チームのメダルへの挑戦

スポーツ | 読書感想文

  • 中学生・高校生におすすめ
  • スポーツノンフィクション
  • 陸上競技・スポーツが好きな人に
スポンサーリンク

リレー日本代表ドキュメント

テグ世界陸上が終わった。連日テレビに釘付けで、叫んだり感動したりしてたあの熱が、もう後ろに引いていくような。
秋なのだなぁ、と寂しくなる。

テグ世界陸上と並行して読んでいたのが、佐藤多佳子さんの「夏から夏へ」

2007年大阪で行われた世界陸上。国民の期待というプレッシャーが大きすぎたのか、日本人選手たちはなかなか結果を出せず、苦戦を強いられていました。そんな中迎えた最終日、男子100×4Mリレー(4継と書いてヨンケイと呼ばれます)は、過酷な条件の中、みごとに決勝進出し5位入賞、アジア記録更新。(なんと前日の準決勝に続き、2日連続での記録更新)日本陸上の歴史に残る瞬間でした。

日本人選手がトラック競技で決勝に残るのは、簡単ではありません。それが、リレーではなぜ可能なのか?世界のレースで戦える彼らの強さの秘密とは?

「一瞬の風になれ」の著者・佐藤多佳子が、取材・執筆した、大阪陸上でのリレー選手を追ったドキュメントです。高校陸上を描いた著者らしく、中・高校生にも読みやすい文章です。このままドキュメント番組になりそうですね。

メンバーひとりひとりのこれまでの競技人生や、恩師たちのエピソードなどもたくさん盛り込まれ、読み応えずっしり。メンバー4人のお話はもちろん、一番心を打たれたのは、リザーブ(補欠メンバー)の小島茂夫さんのお話。
選手として走ることができるのは、トップの4人だけ。どんなに調子が良くても、どんなに頑張っていても、結果はタイムで決まります。トップで走れなくても、自分のコンディションを最高に持っていくそのアスリートとしてのプロ根性というのでしょうか。短いエピソードですが、ぐっときました。

陸上競技は、自分との戦い、対自分と言われますが、その中でチームプレーと言えるリレー競技。「自分の役割をきっちりこなすだけ」という言葉に、信頼の強さを感じました。

分厚い本ですが、短距離ランナーのお話らしく、ひとつのエピソードごとに読み進めてはどうでしょう。何本かこなしてるうちに、あっという間に読み終わりますよ。

ブックデータ

第55回(2009年)全国青少年読書感想文課題図書高等学校の部

本をチェックする