『日本人なら知っておきたい日本文学』ヤマトタケルから兼好まで人物で読む古典

日本人なら知っておきたい日本文学 漫画
『日本人の知らない日本語』シリーズの蛇蔵さん&凪子コンビによるエッセイ漫画。
古典の人物たちをおもしろく解説してくれる古典が苦手な人にも古典が楽しくなる本
スポンサーリンク

蛇蔵&凪子が古典人物のおもしろエピソードを描く

日本語学校に通う面白い外国人たちを描いた「日本人の知らない日本語」は、人前で読むことをおすすめできないくらい、声を出して笑っちゃうおもしろエッセイ漫画で、私もお気に入り。シリーズ化、ドラマ化もされ大ヒットした名コンビのふたり、漫画担当の蛇蔵さんネタ元である日本語教師の海野凪子さんがまたタックを組み、今度は日本文学それも古典の世界に殴りこみ!!

登場するのは歴史の教科書でもおなじみ日本文学界をリードしてきた超有名人のみなさん。

清少納言、紫式部、藤原道長、鴨長明、吉田兼好といった、小学生でも知っている、中学なら知らなきゃヤバイあの有名著者たち。

 

「うん、まぁ、聞いたことあるかな~」な、安倍晴明、源頼光、菅原孝標女。(ちなみにわたしは晴明様好き~。知らないなんて言わせたくないっ)

それから番外編でヤタトタケル。それって神様の名前じゃないの?(というツッコミはぜひ読んでから)

凪子さんもお気に入りの菅原孝標女、この本を読んで一気にファンになってしまった。舎暮らしで都会の流行に憧れる菅原孝標女は、源氏物語全巻コンプリートに昇天しちゃうほどのオタク女子だったんだって( *´艸`)妙に共感しちゃう。

教科書の中に存在する彼らにも、どこか自分と似ているところがある。古典人物たちの人間くささが身近に感じられ、この人の書いた物語を読んでみたいと感じる。

日本人ならみんな知っている古典界のエースたちの、あんまり知られていないエピソードを、蛇蔵&凪子さんお二人の独特センスで描いた、興味深くて笑えるエッセイ漫画!楽しくて勉強にも役立ちます!

こちらの記事もおすすめです。

現代語訳 おもしろ日本古典ばなし115
古典が苦手な人におすすめのざっくり訳してくれる古典の小話115
2017年全国公立高校入試問題【古典】出典まとめ
2017年全国高校入試の国語問題に出典された古典作品をまとめました。おすすめの本も合わせて紹介します(^^♪受験生のみなさんの参考にどうぞ。

コメント