【ブックリスト】農業と食を知るおすすめ本

スポンサーリンク

農業、林業、酪農など…農業に興味がある人。

食べることが好きな人。

農業と食について知りたい人におすすめの本を紹介します。

小説

農業のことがよくわかる、農業がもっと身近になる、農業が人生を変える、そんな小説を紹介します。

堀米薫『あぐり☆サイエンスクラブ』

【小学校高学年からおすすめ】

小学5年生の学が、偶然手にしたチラシに引き寄せられてはじめることになった米作り。一年後に、おいしいお米はできるのでしょうか。毎日食べているお米がどんな風に作られているのか教科書で学んだ知識で知っていると思っていませんか?一年かけて実際に体験することは難しいですが、学たちと同じ気持ちでじっくりとお米作りと向き合ってみませんか。

著者は農業・酪農家であり児童文学作家の堀米薫さん。堀米さんの作品には、農業に携わっているからこそ見える視点があります。ほかの作品もおすすめです。

堀米薫『チョコレートと青い空』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】

周二は小学5年生。5人家族で専業農家をしている周二の家に、外国から留学生がやってきます。アフリカから日本の農業を勉強するためにやってきたエリック。エリックの故郷・ガーナはチョコレートの原料であるカカオの生産地ですが、エリックはチョコレートの味を知らないということに周二はショックを受けます。外国と日本の農業の現状を子どもの目線でとらえます。高学年向けの児童書ですが、中学生にも読んで欲しい本です。この小説は、中学・高校の入試問題にも出典されています。

興味を持った人は、カカオ畑で働く子どもたちから世界の児童労働の実態を記したこちらの本も合わせて読んでみてください。

『生きるぼくら』原田マハ

【中学生からおすすめ】

ひきこもりだった青年・人生は、ひょんなことから出会った人たちと昔ながらの自然農法でお米作りをすることになります。お米ができるまでにはたくさんの手間のかかる工程があります。ひとつひとつを丁寧に、心をこめて、みんなで力を合わせて行う米作り。だからお米が美味しくなるんですよね。おばあちゃんの握ったおにぎりがとてもおいしそうです(*‘∀‘)疲れた心に優しい物語です。中学生からおすすめ。

佐藤 剛史『自炊男子 「人生で大切なこと」が見つかる物語』

【中学生・高校生・大学生に読んで欲しい本】

特に!これからの時代を生きる男子のみなさんに、参考書よりも手にとって欲しい1冊!「ふだん料理はしない」という人や「食欲が満たされればなにを食べても同じ」なんていう人におすすめしたい。

イケベタカシくんは教育大学に通うごく一般的でテキトーな大学生。食を大切にする彼女との出会いをきっかけに、自炊をはじめるのですが・・・。料理を作ることで、料理に込められた思いや食の大切さに気付きます。これを読むと「いただきます」と「ごちそうさま」がしっかり言えるようになるはず。

垣谷美雨『農ガール、農ライフ』

【中学生からおすすめ】主人公の水沢久美子は32歳。派遣切りにあったその日に、同棲相手からも別れを切り出され、一度に仕事も彼氏も家も失ってしまう。久美子はひょんなことから農業女子を目指すことに・・・。

農業が抱える問題や若い女性の貧困問題にも切り込みながら、前向きに農業に向き合う若い女性をコミカルに描きます。

耕せば、人生は開ける! ……って本当ですか?
仕事も彼氏も家も失い、農業に目覚めたアラサー女子。
おんな一人、自給自足のハッピーライフは手に入るのか?
すべての迷える女性に贈る、リアル・サバイバル小説!

篠田節子『ブラックボックス』

【中学生からおすすめ】

人工的に管理された環境で栽培され、完全無菌の工場で加工されたサラダ。安全なはずの食材を食べた人たちの体に異変が現れ始める…。食の安全を根本から揺るがす食育ミステリー。これを読んだ後では、自分で野菜を作ろうかなって気がしてきます。食べることが好きな人にぜひ読んで欲しい。

ブックリスト
スポンサーリンク
**フォローする**
ブックス雨だれ店主
ゆう

好きなこと:本を読むこと、食べること。
苦手なこと:そうじ
学校図書館あちこち。
ブックカフェを開くのが夢です。

**フォローする**
*Amazonで賢くポイントを貯めよう*

Amazonで賢くお買い物!
チャージタイプのギフト券なら現金チャージでポイントもたまります。
Amazonで詳しく見る
BOOKS 雨だれ

本の感想おすすめレビューをお待ちしています