重松清×はまのゆか『おじいちゃんの大切な一日』

仕事

  • 小学校高学年から中学生に
  • ご年配の方への贈り物にも
  • 文字が多めの絵本です
  • 読書感想文にも

はたらくおじいちゃんへ

お父さんやお母さんがどんな仕事をしているのか、知らない人はほとんどいないだろうけど、おじいちゃんがどんな仕事をしているのか知っていますか?そして、おじいちゃんの働く姿を見たことがありますか?

エリカは、小学5年生。新しいゲーム機が欲しくて今持ってるのは壊れたと嘘をついたことでお父さんに怒られます。お父さんは嘘をついたことを怒っているより、何か別のことを伝えたいみたい…。翌日、エリカはひとりおじいちゃんとおばあちゃんの元へ行かされました。今日はおじいちゃんにとって大切な一日だというのですが…。

ものづくりに携わるおじいちゃんの、誇りと自信が伝わります。その姿に、エリカはものに込められた作り手たちの思いを感じ取ることができます。

この本は、そもそも書店に並ばない本でした。ある工作機械メーカーからの要望で、社員とその家族に手渡されるためだけに作られた本なのです。震災後、自分に何かできないかと考えた重松さんが、子どもたちに本を届けたい思いで、この本を一般書籍として出版されました。本著の重松さん。はまのさんの印税は全額あしなが育英会へ募金されます。そのことは、あとがきに書かれていますので、合わせて読んでみて下さい。

敬老の日に合わせておじいちゃんへのプレゼントや、ご年配の方向けのよみきかせにもおすすめです。

モノ作りおすすめの本

木や森は好きな人。林業に興味がある人。木工が好きな人。こんな人におすすめしたい本を紹介します。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーリンク