恩田陸『七月に流れる花/八月は冷たい城』~ミステリーランド

YA文学

  • 中学生におすすめミステリーランド
スポンサーリンク

七月に流れる花

大木ミチルは六月のはじめにこの町に転校してきた。

そしてミチルはまだそのことに気が付いていない。この町に慣れないのも、なかなか友だちができないのも、ミチルがまだ知らない秘密がこの町にあるからなのだ。

ある日、ミチルは緑いろをしたふしぎな影に追いかけられる。全身緑色をして、くねくねぴょんぴょんと追いかけてくる「みどりおとこ」から、ミチルは気づかないうちに封筒を受け取っていた。

それは「夏の城」への招待状だった。クラスメイトの佐藤蘇芳の話では、ここに住む子はだれでも、夏の城には呼ばれたら必ず行かなければならないのだという。蘇芳は何かを知っているようでいて、それ以上はなにも話してくれなかった。

なんのことなのかさっぱりわからないまま、夏休みが訪れた。

夏の城には、ミチルと同じように呼ばれたほかの少女たちがいた。その中には、クラスメイトの佐藤蘇芳も・・・。

みどりおとこは一体なにものなのか。

なぜミチルは、この城に呼ばれたのか。

八月は冷たい城

蘇芳たちが城に集められたのと同じ時期、城を囲む土塀の向こう側にもまた少年たちが集められていた。彼らが集められた目的は、少女たちと同じだ。

この町の抱えている秘密を彼らも知っている。

4人の少年たちは、しかしこの場所に違和感を感じていた。もしかしたら、自分たちのほかにもうひとり、いる。だれかが、なにかの目的で事件を起こそうとしていると感じた光彦は、土塀の向こうの蘇芳と連絡を取り合いながら、謎を追うが・・・。

少女と少年たちのミステリー

『七月に流れる花』と『八月は冷たい城』はふたつでひとつの物語になる本。ふたつはまるでいっしょだが、ある意味では正反対ともいえる。

ある秘密を抱えたごくふつうの町。

外からは見えないものと中から見えるもの。

似ているようで異なる視点。

知っているようで知られることのない真実。

裏返された景色は,見慣れたもののようでいて、似ても似つかぬもののようにも見えた。
実は世界にはそういうものがたくさんある。そういうものは、似ているもののふりをして、全然違うものだったり、とんでもないものなのに、なんともないような顔をしていたりする。

ミチルが知らなかった秘密は『七月に流れる花』で明かされ、蘇芳がだれにも言えずに抱えていた謎は『八月は冷たい城』で解き放たれる。

七月から八月の順番で読んでください。

 

「なつかしいという気持ちは恐ろしいという気持ちに似ている』と恩田陸は、この本の冒頭に書き記しているが、私は彼女の描く繊細な少女たちのミステリーを読むといつも「こわいときれいは似ている」と思う。

コメント