できたてほやほや姉妹のあったか物語~重松清『ポニーテール』

家族 | 高学年

  • 小学校高学年から読めます
  • 家族と姉妹の物語
  • ほっこりして泣ける物語
  • 表紙がかわいい( *´艸`)

生まれたての家族の物語

朝の通学時を歩く小学生の姉妹。

「猫がいたよ。かわいかったね」と妹のフミ。

「ふつうじゃん」と姉のマキ。

「シオカラトンボってなんでシオカラっていうの?」と聞くと「わたしが決めたわけじゃないから」とこれまたそっけない返事。

でもそのあとで「夕方になると色が変わるんだよ、あのトンボ」と教えてくれる。←嘘だけどね。

そんなことで、フミはとても安心する。

くせっけでおかっぱ頭のフミは小学4年生。

ポニーテールのよく似合うマキは小学6年生。

フミがマキを「おねえちゃん」と呼ぶとき、まだ少し緊張するのは、ふたりができたてほやほやの「姉妹」だから。


画像リンク:楽天ショップ

フミはマキのお母さんと親子になり、

マキはフミのお父さんと親子になり、

フミとマキは「きょうだい」になった。

生まれたてほやほや家族の4人が少しづつ家族になっていく模様が、切なくてあたたかい。

バレンタインデーにお父さんにチョコレートをあげるとき、

ひな祭りで雛人形を飾るとき、

いまの前の家族を思う時、いったん立ち止まる。

「こんな時、家族だったらどうするだろう」と。

そうだ、家族ってこうして少しずつ作っていくものなのかもしれないね。

おねえちゃんのさらさらポニーテールに憧れるフミがなんともかわいらしいです。

イナキヨシコさんのなポップな表紙

文庫本もありますが、単行本のポップでおしゃれな表紙にひと目ぼれ。

装画は、イナキヨシコさん。レトロポップなテイストがツボなイラストレーターさんです。表紙のふたりはこの物語の主人公、マキとフミ。クールなお姉ちゃんと、おしゃまな妹のイメージもよく出てるよね。

イナキヨシコさんの公式サイト http://inakiyoshiko.petit.cc/

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーリンク