天野夏美『いわたくんちのおばあちゃん』

平和

  • 高学年・中学生にも読んで欲しい絵本
  • 戦争と平和について考える絵本
  • 広島・原発をテーマにした絵本
  • 中学年からのよみきかせにも

写真がきらいなわけは

いわたくんちのおばあちゃんは、写真を撮るのが嫌いです。
なぜ写真をとるのが嫌いなのか、家族のだれもその理由を知りませんでした。実は、おばあちゃんには、広島の原爆での悲しい思い出がありました。
ある日、おばあちゃんは小学校へやってきて、その悲しいできごとを話してくれました。
本当にあった出来事をもとに描かれた絵本です。
戦争の悲惨さよりも、戦争の虚しさが伝わります。
戦争が奪うものについて考えさせられます。
戦争を知らない小学生であるいわたくんたちの目線で描かれているのが、「いま」の子どもたちが戦争をより身近に考えるきっかけとなるのでは。

本をチェックする

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーリンク