2018年BOOKS雨だれAmazon売り上げランキング

2018Amazon売り上げランキング

2018年の一年間、当サイトのAmazonリンクから購入された本の売り上げランキング1位から10位を発表します。

(集計期間2018/1/1~2018/12/31)

単行本・文庫本・シリーズなどは合わせて集計しています。

スポンサーリンク

ランキング1位は森絵都『カラフル』

2018年の一年間、BOOKS雨だれでいちばん人気のあった本は、森絵都さんの『カラフル』です。

中学生のおすすめの本NO.1としても紹介させていただいています。どんな中学生もこの本を手にすると最後まで読んでしまう、という魔法のような魅力を持つこの本ですが、中学生をもつおうちの方にもおすすめすると、みなさん最後まで読んでくれます。

この本を読み終えた後に感想をたずねるとまず第一声は「う~ん・・・」と言葉につまるような反応が多く、「おもしろい」「おもしろくない」だけじゃない、ひとことで感想を語れない魅力がこの本にはあります。

「どの本を読もうかな」「読みたい本が見つからない」という中学生のみなさんにも、ぜひ手に取って読んでもらえたらうれしいです。

2018年Amazon売り上げランキング

1位から10位は以下の通りです。

「詳細ページ」でBOOKS雨だれのページへジャンプします。

ゆう
ゆう

あなたのお気に入りの本はランクインしているかな?

森絵都『カラフル』

直木賞作家でもある森絵都さんのベストセラー小説。本選びに迷っている中学生にとりあえずわたしがすすめる本第1位。
内容(「BOOK」データベースより)
生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点が見えてくるようになるのだが…。不朽の名作ついに登場。

和田秀樹『受験のシンデレラ』

精神科医であり、東大合格のためのゼミナールを運営するなど受験アドバイザーとしても活躍している和田秀樹さんが受験のノウハウをつめこんだ受験小説です。受験生におすすめの本としても紹介しています。
内容(「BOOK」データベースより)
五十嵐透は東大合格率9割を誇るミチター・ゼミナールの経営者。「受験界のカリスマ」と呼ばれ富も名声も手にしていたが、ある日親友である大学病院の医師から、がんで余命1年半という宣告を受ける。人生の皮肉なめぐり合せに悩む五十嵐だったが、偶然入ったコンビニで、抜群の計数感覚で店員とやりあう少女を見かける。少女の名前は真紀、経済的な事情で高校中退を余儀なくされた彼女だったが、五十嵐はきらりと光るものを感じ、残りの人生で、彼のあらゆる受験テクニックを駆使して、彼女を東京大学に合格させようとする。現役の精神科医が書いた同名映画のノベライズ。

重松清『きみの友だち』

中学生を主人公にした小説を数多く手がけている人気作家・重松清さんの小説の中から、”友だち”をテーマにした連作短編です。重松清さんの小説はどれもおすすめです。
内容(「BOOK」データベースより)
わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる―。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない…。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。

柳田理科雄『空想科学読本』

小学校高学年から大人まで夢中になるおもしろ科学本といえばこれ。朝読書でも人気のシリーズです。まだ読んだことがないという人には、BEST版の『金の空想科学読本』がおすすめ。

内容(「BOOK」データベースより)
『空想科学読本』の初刊行は1996年3月。幸いにも好評を得てシリーズ化し、これまでに10冊を刊行してきた。「感動と爆笑に満ちた理系の本」として多くの読者に愛され、15周年を迎えられたことを心から嬉しく思う。感謝を込めておくる本書は、『1』から『9』までの全原稿239本を対象に読者による人気投票を実施し、支持率の高かった上位25本だけを収録したベスト・オブ・空想科学読本ともいうべき一冊だ。

5分後に意外な結末シリーズ

小学校高学年から中学生まで、朝読書でも大人気のシリーズです。短い時間でさっくり読めてオチがあるから、ふだんはあまり本を読まない人も夢中に。
内容(「BOOK」データベースより)
笑い、感動、友情、ちょっとだけシニカル。
短時間で読めて、ラストにドンデン返し!
累計100万部突破の大人気シリーズ。
本シリーズは、どの巻からでも、どのお話からでも読むことができる、1話完結の読みきり型です。
どの話も短いので、朝読にも最適。また、どのお話にも、ラストに「意外な結末」があるので、読書好きでも、そうでない子どもにも大好評です。

SF、ホラー、ミステリー。くすっと笑える話、ぞっとする話、感動する話。ページにして数ページ、5分程度の時間で読めて、最後に「あっと驚くドンデン返し」。そんなショートショートを集めたアンソロジー。

千原ジュニア『14歳』

お笑い芸人千原ジュニアさん引きこもりだった14歳のころをつづった自伝的小説。ふだんはあまり本を読まない男子にもおすすめです。

内容(「BOOK」データベースより)
14歳の少年はある日、部屋にカギを付け、引きこもりを始めた。僕は誰になるんだろう。いつこの部屋を出ることができるのだろう―。見えない将来への不安。過ぎていく時間への焦り。「普通」を求める大人への苛立ち…。様々な思いを抱えて少年は自分探しの旅に出る。「戦うべきリング」を求めて彷徨う苦悩を描いた大ベストセラー小説。

青柳碧人『浜村渚の計算ノート』

数学が苦手でもおもしろい”数学テロ”なライトミステリー。中学生から「数学なんか勉強して、一体何の意味があるの?」と尋ねられたのが、この本を書くきっかけになったそうです。数学のおもしろさが伝わるはず。

内容(「BOOK」データベースより)
「数学の地位向上のため国民全員を人質とする」。天才数学者・高木源一郎が始めたテロ活動。彼の作った有名教育ソフトで学んだ日本人は予備催眠を受けており、命令次第で殺人の加害者にも被害者にもなりうるのだ。テロに対抗し警視庁が探し出したのは一人の女子中学生だった。新時代数学ミステリー。

瀬尾まいこ『あと少し、もう少し』

内容(「BOOK」データベースより)
陸上部の名物顧問が異動となり、代わりにやってきたのは頼りない美術教師。部長の桝井は、中学最後の駅伝大会に向けてメンバーを募り練習をはじめるが…。元いじめられっ子の設楽、不良の大田、頼みを断れないジロー、プライドの高い渡部、後輩の俊介。寄せ集めの6人は県大会出場を目指して、襷をつなぐ。あと少し、もう少し、みんなと走りたい。涙が止まらない、傑作青春小説。

石田衣良『4TEEN』

第129回直木賞受賞作。月島にくらす中学2年生、ダイ、ジュン、ナオト、そしてテツローの4人のいまを瑞々しく描きます。

内容紹介
ぼくが怖いのは、変わることだ。
東京湾に浮かぶ月島。僕らは今日も自転車で、風よりも速くこの街を駆け抜ける――。14歳の永遠、その一瞬を切り取った青春小説。直木賞受賞作。

東京湾に浮かぶ月島。ぼくらは今日も自転車で、風よりも早くこの街を駆け抜ける。ナオト、ダイ、ジュン、テツロー、中学2年の同級生4人組。それぞれ悩みはあるけれど、一緒ならどこまでも行ける、もしかしたら空だって飛べるかもしれない――。友情、恋、性、暴力、病気、死。出会ったすべてを精一杯に受けとめて成長してゆく14歳の少年達を描いた爽快青春ストーリー。直木賞受賞作。

梨木香歩『西の魔女が死んだ』

小学生から読める梨木香歩さんのベストセラー小説です。学校に行けなくなったまいが祖母と過ごしたかけがえのない日々を振り返ります。忙しい毎日に、ほっと心を休ませてくれるような物語です。

内容(「BOOK」データベースより)
中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、まいは魔女の手ほどきを受けるのだが、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。喜びも希望も、もちろん幸せも…。その後のまいの物語「渡りの一日」併録。

 

ゆう
ゆう

おすすめ本を手に取っていただきうれしいです。

ありがとうございます(*‘∀‘)

2019年もおすすめ本を紹介していきますよ。

本を読んだ感想もコメントでお待ちしています。

ランキング
スポンサーリンク
**フォローする**
*Amazonで賢くポイントを貯めよう*

Amazonで賢くお買い物!
チャージタイプのギフト券なら現金チャージでポイントもたまります。
Amazonで詳しく見る
BOOKS 雨だれ

本の感想おすすめレビューをお待ちしています

BOOKS雨だれおすすめベスト

10代におすすめのブックサイト【BOOKS雨だれ】が選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。
 

BOOKS雨だれおすすめベスト

10代におすすめのブックサイト【BOOKS雨だれ】が選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。