桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』

ライト文芸 | 中学生

  • 中学生の女の子の物語
  • 桜庭一樹の青春ミステリー
スポンサーリンク

生き残った子だけが、大人になる

子どもにとって、今の社会は生存競争のような場所でしかないのだろうか。

小説の中で語られるそんな当たり前のセリフが奇跡に思える。

蜷山のグロいシーンは苦手ですが、その点をのぞけば、女の子たちの気持ちが痛いくらいに伝わって、ものすごく引き込まれるいい作品でした。

絶望と言う名の希望をもったような女の子二人が、生きるために戦おうとする設定は、「少女には向かない職業」にも見られますが、「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」の方が、味わい深かったなぁ。女の子たちの心がよりリアルで痛みが近く、設定も斬新。「砂糖菓子~」の方が先に出版されていますが、「少女には向かない職業」から読むほうがおすすめかな。

先に「砂糖菓子~」を読んじゃうと、「少女には~」が物足りなく感じるかも。

悲しいことに私はもう大人なので、大人としてしか読めないけれど、10代でこの本に出会っていたら、もっと心に痛く響き、強く揺さぶられただろうと思う。こういう本、中学生の時に読みたかったなぁと思う。岡崎京子を読み漁っていたころの思いが甦った。「性」を大きなテーマのひとつにしている岡崎さんの作品は、「私の男」の方が雰囲気は近いけれど、「砂糖菓子~」の藻屑やなぎさの方が岡崎さんの描いてた「少女」に近い。

(BOOKデータより)
その日、兄とあたしは、必死に山を登っていた。見つけたくない「あるもの」を見つけてしまうために。あたし=中学生の山田なぎさは、子供という境遇に絶望し、一刻も早く社会に出て、お金という“実弾”を手にするべく、自衛官を志望していた。そんななぎさに、都会からの転校生、海野藻屑は何かと絡んでくる。嘘つきで残酷だが、どこか魅力的な藻屑となぎさは序々に親しくなっていく。だが、藻屑は日夜、父からの暴力に曝されており、ある日―。直木賞作家がおくる、切実な痛みに満ちた青春文学。

本をチェックする