小泉吉宏【戦争で死んだ兵士のこと】

平和 | 教科書

おすすめポイント

BOOKS雨だれ 中学生・高校生におすすめ
BOOKS雨だれ ごく短い本
BOOKS雨だれ ふだんあまり本を読まない人にも
BOOKS雨だれ 戦争や平和について考える本
BOOKS雨だれ よみきかせにもおすすめ
BOOKS雨だれ 国語教科書で紹介

はんぶんあらすじ&レビュー

いま、のどかな森の中の湖のほとりに、
ひとりの兵士が死んでいる。
1時間前、彼は、生きて闘っていた。
2時間前は、道に迷っていた。
3日前は、・・・ 10日前は、… とひとりの兵士の時間をさかのぼってゆく。

自分は何をしていただろうか。
3日前・・・、10日前・・・、2年前・・・

彼と自分と何がちがうのだろう。
4年前、・・・ 13歳の時、・・・ 6歳の時、・・・

彼の時間をたどりながら、あっ、どこかで自分の人生と重なる瞬間が。

ごく小さいのに、ごくごく短いおはなしなのに、心にどすんと残る本がある。

著者・小泉吉宏

1953年生まれ、静岡県浜松市出身。小泉吉宏さんは哲学系漫画(?) 『ブッタとシッタカブッタ』シリーズも手掛ける漫画家。コピーライターの経歴も持つ著者らしく、シンプルなイラストに短い文章を添えただけのイラストストーリーで強いメッセージを伝えます。

1985年SEIKOのCMで流れた『一秒の言葉』が話題となり、絵本として書籍化されたり、道徳の教科書に掲載されました。短い言葉で心をとらえ、本をとじたあとも余韻を残すような作品が印象的です。

国語教科書で紹介

BOOKS雨だれ 東京書籍中学1年生国語教科書