中学生・高校生に読んで欲しい戦争の本

テーマ特集

戦争について知りたいと思うのは、とても大切なことです。

8月15日は第二次世界大戦の終戦日です。

戦争で大切なものを失ったたくさんの方の思いを少しでも自分の心に残したい、そんな思いで毎年この時期に1冊は戦争の本を読むようにしています。

夏休み、読書感想文の本としてもおすすめです。

戦争と平和について考える本をまとめて紹介してします。

中学生・高校生に読んで欲しい戦争の物語【海外小説編】
中学生、高校生にぜひ読んで欲しい海外の戦争小説をまとめました。
中学生・高校生が読むべき戦争の物語【日本小説編】
中学生・高校生にぜひ読んでほしい「第二次世界大戦」をテーマにした小説を厳選しました。
原爆を語り継ぐ本~10代に読んで欲しいおすすめの本
日本は、世界で唯一の被爆国です。1945年8月6日広島の町に最初の原爆が投下され、その後、8月9日に長崎の町が原爆の被災地となりました。原爆について、中学生高校生を中心に10代に読んで欲しいおすすめの本を紹介します。
10代に読んで欲しい戦争を知る絵本
10代に読んで欲しい【戦争】をテーマにした海外の絵本を紹介します。よみきかせにもおすすめ。戦争のことをもっと知るきっかけにもなるといいですね。
10代にこれだけは読んで欲しい戦争ノンフィクションおすすめ10冊
中学生や高校生にぜひ読んで欲しい戦争を伝えるノンフィクションを9冊選びました。
高学年・中学生にもおすすめ!平和について考える絵本
戦争はいけないことだというけれど、どうしてなくならないのでしょう。高学年・中学生にもおすすめの、平和について考える絵本を紹介します。

戦争と平和について考える本をさらに読みたい人はこちらをチェックしてみてください。

「戦争と平和」の本棚へ>>

コメント