縞模様のパジャマの少年ーThe Boy in the Striped Pyjamas

平和 | 映画 | 課題図書

「死の工場」と言われたアウシュビッツ収容所をぐるりと取り囲む高く長いフェンス。そのフェンスをはさんでふたりの少年の間に芽生えた友情の行方は…。

おすすめポイント

BOOKS雨だれ 中学生・高校生におすすめ
BOOKS雨だれ 戦争と平和について考える本
BOOKS雨だれ ホロコーストをテーマにした本
BOOKS雨だれ カーネギー賞候補

BOOKS雨だれ 読書感想文にもおすすめ
BOOKS雨だれ 映画原作

フェンスの中と外でつながれた少年たちの友情

ブルーノは9歳の男の子。立派な軍人である父さまと、お母さま、3つ歳上のいじわるな姉・グレーテルとメイドたちとともに、大きなベルリンの屋敷にくらしていた。

ある日突然、お父さまの仕事の都合でベルリンから引っ越すことになったブルーノ一家。新しい家は、寂しい森の中にある古く小さな家。周りには家が一軒もなく、一緒に遊べる友だちもいない。

ブルーノが部屋の高いところにあるななめ窓から、森の反対側をのぞきこむと、そこには、おそろいのおかしな格好をした人々が見えた。長いフェンスに囲まれた中に、小さな子どもから老人まで、上下そろいの灰色の縦縞模様のパジャマを着て、頭には同じ縞模様の布でできた帽子をかぶっている。

「シューヨウジョ」と呼ばれるこの町では、なにか大人たちだけが知っている秘密があるらしい。偉そうな態度で人を見下すコトラー中尉のことも、歴史ばかりを学ばせようとする家庭教師のリスト先生も、ここでのくらしもどうにも好きになれないブルーノ。

ある日、ブルーノはフェンスのまわりを探検に出かけ、そこでひとりの少年と出会った。シュムエルと名のったその少年は、ブルーノと同じ9歳。だれにも内緒でふたりはたくさんのことを話した。やがてふたりの少年の間には、友情が芽生えるのだが…。

ブルーノとシュムエルはふたりとも同じ日に生まれた子どもだった。

1934年4月15日。同じ日に生まれたふたりの少年。ドイツとポーランド、違う国で生まれ、生まれた人種が違う、ただそれだけでふたりの日常はフェンスの中と外側に隔てられてしまった。大人たちがそのことの愚かさを知るのは、すべて失った後になる…。

著者・ジョン・ボイン

1971年アイルランドのダブリン生まれ。

本作は小説4作目。アイルランドでベストセラーとなり、30か国以上で翻訳出版されている。

受賞歴など

BOOKS雨だれ カーネギー賞候補

BOOKS雨だれ 【2009年】第55回全国青少年読書感想文コンクール課題図書(高等学校の部)

↓そのほかの読書感想文課題図書をチェックする

「課題図書」の記事一覧です。

映画原作

マーク・ハーマン監督

ブルーノ役にエイサ・バターフィールド。のちに「ヒューゴの不思議な発明」や「ミス・ペレグリと奇妙な子どもたち」に出演。

イギリス・アメリカの合作で製作。PG-12指定。