ドラマ

児童書

上橋菜穂子『夢の守り人』

【小学校高学年から大人までおすすめの本】上橋菜穂子さんのアジアンハイファンタジー第三弾!
YA文学

和田秀樹『受験のシンデレラ』~目指せ東京大学合格!

【中学生・高校生の受験生におすすめの本】勉強を頑張りたい人に。
YA文学

石田衣良『4TEEN』~14歳たちの「いま」

【中学生におすすめの本】特に男子におすすめしたい本。ダイ、ジュン、ナオト、そしてテツロー。4人の14歳たちの「いま」を描く石田衣良さんの『4TEEN』
ノンフィクション

藤原てい『流れる星は生きている』~満州引揚げをつづったベストセラー

中学生・高校生に【戦争について考える】おすすめの本。満州引揚げの過酷な旅をつづった藤原ていの【遺書】とも言える渾身のノンフィクション。
小説文学

西野亮廣『グッド・コマーシャル』

いま元気がないという人におすすめしたい、何も考えずに単純に楽しめて笑えるハッピーエンドドタバタコメディ小説がこちら!絵本作家としても知られる西野亮廣さんの小説『グッド・コマーシャル』
小説文学

宮部みゆき『火車』でカードローンについて学ぼう

宮部みゆきの代表作ともいえる、カードローンの怖さを描いたベストセラーミステリー。はじめてカードを作る人は、先にこの本を読みましょう。
小説文学

中脇初枝『わたしをみつけて』

中学生・高校生におすすめ。中脇初枝さんの連作短編『きみはいい子』と同じ町にある病院、そこで働くあるひとりの女性の物語。彼女は父のことも母のことも知らない、孤児でした。
小説文学

吉田修一【平成猿蟹合戦図】~爽快復讐エンターテイメント

吉田修一さんが描く、爽快復讐エンターテイメント。小さな悪事からとんとん拍子にストーリーはすすむ、むしろわらしべ長者。しかし、物語はそんなうまく進みませんよ…。
小説文学

重松清『流星ワゴン』~あの時に戻れたら人生は変わっていた?

死んだはずの男を迎えに来たファミリーワゴン。運転するのは、5年前に交通事故で亡くなったという面識もない親子。この車に乗り込んで、人生のターニングポイントを回るドライブへと出かける。人生の後悔を消すことができるのか。
小説文学

角田光代『紙の月』~一億円横領事件の犯人は普通の主婦でした

この物語の主人公である梅澤梨花は、ずっとこう思っていた。いまの私は、私の一部でしかない、と。平凡な主婦であったはずの梨花を一億円もの横領に駆り立てたものは何だったのか。
小説文学

水野宗徳『さよなら、アルマ 戦場に送られた犬の物語』

第二次世界大戦中、およそ10万頭の犬たちが、軍犬として戦場に送られた。その事実は意外と知られていない。この物語は、1枚の写真から生まれたフィクション。
小説文学

重松清『希望ヶ丘の人びと』

【中学生・高校生・大人にもおすすめの本】ニュータウンで学習塾を経営する家族の物語。そこに希望はあるのだろうか!?
小説文学

日常に潜む狂気~辻村深月『鍵のない夢を見る』

高校生からおすすめ。日常に潜む小さな事件の中の狂気を描く辻村深月さんの短編集『鍵のない夢を見る』。直木賞受賞作。
小説文学

受験生にはおすすめしません。湊かなえ*高校入試

受験生や受験生がいるおうちの方にもおすすめしないミステリー。高校入試をテーマにした湊かなえさんの『高校入試』
ノンフィクション

川嶋康男【永訣の朝】~真岡郵便局・9人の乙女の悲劇

8月20日、終戦から5日後。樺太は戦場となった。ソビエト兵に襲われた町で、命を絶った九人の少女たちのノンフィクション。