教科書

児童書

上橋菜穂子『闇の守り人』

【小学校高学年から大人までおすすめの本】上橋菜穂子『精霊の守り人』シリーズ第2弾。守り人シリーズの中で一番おもしろかった。高学年からぜひおすすめです。
YA文学

重松清『きみの友だち 』

中学生に、男の子にも女の子にもぜひ読んで欲しい1冊。「友だちってなんだろう?」と悩む人にも。重松清さんの『きみの友だち』
YA文学

リザ・テツナー『黒い兄弟』~煙突掃除夫として働くミラノの少年たちの物語

【小学校高学年から中学生におすすめの本】1830年代のスイス、煙突掃除夫として働く少年たちの勇気と友情の物語リザ・テツナー『黒い兄弟』。「ロミオの青い空」原作。
YA文学

誉田哲也『武士道シックスティーン』

【中学生・高校生におすすめの本】誉田哲也さんの本格女子剣道青春小説『武士道シックスティーン』。スポーツが好きな人に。
YA文学

動物たちのシュールな哲学~安藤みきえ『頭のうちどころが悪かった熊の話』

【中学生・高校生・大学生・大人にもおすすめの本】安藤みきえさんの、動物たちが織りなすシュールな短編集『頭のうちどころが悪かった熊の話』高学年から中学生に。おもしろいおはなしが読みたい人におすすめです。
小説文学

小さく愛おしい少女たちとポチ子の日々~小川洋子『ミーナの行進』

中学生・高校生におすすめ。少女たちの穏やかで愛しい日々をつづる小川洋子さんの『ミーナの行進』
絵本

小泉吉宏『戦争で死んだ兵士のこと』

中学生・高校生におすすめの【戦争について考える】ごく短い絵本のような本。小泉吉宏『戦争で死んだ兵士のこと』
ノンフィクション

藤原てい『流れる星は生きている』~満州引揚げをつづったベストセラー

中学生・高校生に【戦争について考える】おすすめの本。満州引揚げの過酷な旅をつづった藤原ていの【遺書】とも言える渾身のノンフィクション。
児童書

井上ひさし『少年口伝隊一九四五』

【小学校高学年から中学生に読んでほしい戦争の本】原爆投下されたヒロシマの町を、みんなに情報を伝えるために駆け回った3人の少年の物語。井上ひさしさんによる舞台原作です。
YA文学

君、吹奏楽部に入らないか?~中沢けい『楽隊うさぎ』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】「君、吹奏楽部に入らないか?」そのひとことに誘われて入部した中学校吹奏楽部での成長を描くものがたり。
小説文学

ウッドジョブ!~三浦しをん『神去なあなあ日常』

中学生・高校生におすすめ。映画「ウッドジョブ」原作・国語教科書でも紹介。三浦しをんが林業の魅力を新鮮に描く『神去なあなあ日常』
児童書

エミリー・ロッダ「リンの谷のローワン」シリーズ

【小学校高学年から中学生におすすめの本】ローワンは、おとなしい家畜"バークシャー"のお世話係。ある日、バークシャーのための飲み水が流れてこなくなり…。怖がりな女の子ローワンの冒険物語。
児童書

奪われていく言葉を取り戻す~ラルフ・イーザウ『パーラ』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】「エンデに次ぐドイツ・ファンタジーの旗手」と言われるラルフ・イーザウのファンタジー。詩人の町シレンチアで、言葉が失われていく…。12歳の少女パーラは、町を守ろうと立ち上がる…。
YA文学

コルネーリア・フンケ 『どろぼうの神様』

【小学校高学年からおすすめの本】チューリヒ児童文学賞、ウィーン児童文学賞受賞!ドイツの児童文学作家コーネリア・フンケが描く孤児の少年たちの友情を描いたファンタジー。
児童書

学校とは違う新しい毎日が欲しい~草野たき『ハッピーノート』

草野たきさんの『ハッピーノート』は、高学年の女の子におすすめの小説。中学受験のために塾へ通う女の子が主人公。